一年を締めくくる大晦日。その意義とイベントは? - 大晦日 2017年12月31日 -

大晦日をどういう気持ちで過ごし、何をするかで、
次にやってくる新年がフレッシュで自分を飛躍させる一年になるかどうかが決まるかも知れません。
そこで今回は、大晦日についてその意味や過ごし方を考えてみましょう。

-AD-

大晦日の意味

「大晦日(おおみそか)」とは1年の最後の日のことです。月の最後の日のことを「晦日(みそか)」と言いますので、1年の最後の日のことを「大きな晦日」つまり「大晦日」と呼ぶようになりました。また大晦日のことを「大晦(おおつごもり)」とも言います。「晦(つごもり)とは、「月が隠れる」すなわち「月隠(つきごもり)」から来ています。
旧暦を使っていた時代はころ月と太陽の位置が近いので見ることができませんでした。
また、昔は日没で、その日が終わっていました。だから、大晦日の夜になると、新しい年になっていたのです。

古くから行われていた年越しのイベント

大晦日は昔から、1年の無事に感謝し、新しい年を明るく迎えるための一日として、その日にしかできない大切なイベントが受け継がれてきました。
それが、以下のようなことです。

①年越し蕎麦

年越し蕎麦は江戸時代頃から食べられるようになりました。金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに蕎麦粉を使っていたので、そのことから、年越し蕎麦を残して新年に持ち越すと、その年は金運に恵まれないと言われています。

②除夜の鐘

大晦日の夜ふけになると、全国のお寺で鐘を108回つきます。このことを「除夜の鐘」と言います。108という数字は仏教の思想に基づいていて、人間には108の煩悩がありますが、鐘をつくことでこれらの煩悩を1つずつ取り除き、清らかな心で正月を迎えようという意味が込められています。
煩悩とは心を惑わし、身を悩ませるもののことを言います。

③雑煮

古くは、大晦日の夜から一日が始まるために、夜更けはすでに新年であり、正月の食事をとっていました。

④年取り

昔は数え年でしたので、新年で一つ年を取りました。地域によってさまざまな風習がありますが、「年取り魚」と言って大晦日にはブリを炊いたものを食べたり、「年取り餅」と言って、自分の年だけ餅を食べるなどの風習が残っています。また、お頭つきのごちそうをたべるところもあります。

⑤二年参り(初詣)

今でも大晦日の夜から初詣に出かける人たちはたくさんおられます。
昭和の時代までは、夜中まで美容院が開いていて、初詣に出かけるために、多くの女性達が髪を結ったり着付けをしてもらっていました。

日本の大晦日の風景

今でも、大晦日は家族そろって過ごすところが多いようです。
遠くに行っている子どもも年末に帰って来て、一緒に年越し蕎麦を食べ、NHK紅白歌合戦を見る、母親はテレビを見ながら、おせちの準備に精を出す、そして年が明ける時には「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」といつもよりちょっと丁寧なあいさつを家族でおこなう、こういうのが、昭和から続いている日本の大晦日の風景でしょう。
また、大晦日にお風呂に入ることを「年の湯に入る」と言い、お風呂に浸かって一年を振り返りながら、その年の悲しみや悔いを汚れと一緒にきれいさっぱり落とす方もおられるでしょう。
それから「掃き納め」と言って、一年間無事に過ごせた感謝を込めて、その年最後の掃き掃除を行います。
人間の生活には節目がとても大切です。同じ一日であっても、その時その時の節目を感じることで、気持ちも体もリフレッシュされ、また前に歩き出す力になるのです。毎年同じように過ぎる大晦日であっても、一つひとつのことに意味を感じ、1年を振り返り、新しい年に向けての目標を決めましょう。

年越しイベント おすすめ

今は全国各地のテーマパークやスキー場などで、年越しの大々的なイベントが開催されています。
今度のお正月は家族や友だちとそういうところに出かけて、一緒に新年を祝うのも、思い出に残る大晦日になることでしょう。
それではおすすめの場所を紹介いたします。

①キロロリゾート、キロロスノーワールド(北海道余市郡)

北海道の冬の透き通った夜空に大迫力の花火が打ち上がります。ひんやりとした空気を感じながら、皆で新しい年を祝いましょう。

②東京ディズニーリゾート カウントダウン (神奈川県)

毎年大人気の、ディズニーが贈るカウントダウンイベントです。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのそれぞれで異なるイベントが開催されるので、お好きな方を選んで楽しみましょう。

③キャンドルロードin茂林寺(群馬県)

ちょっと日本的で神秘的な年越しが楽しめます。昔話の「分福茶釜」の寺として有名な茂林寺では、2000個以上のキャンドルで境内や参道が幻想的にライトアップされ、狸像とともに、見る人を不思議な世界に引き込みます。

④カウントダウン in 横浜媽祖廟(神奈川県)

ここに来ると、日本にいるのを忘れるような雰囲気に包まれます。横浜中華街でのカウントダウン前後には中国舞踊や獅子舞が行われます。

⑤ユニバーサル・カウントダウン・パーティ (大阪府)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで盛大に過ごすのもいいですね。入場者を魅了する様々な企画に胸躍ることでしょう。大人気のハリーポッターエリアにもぜひ行ってみたいものです。

⑥長崎ハウステンボス COUNT DOWN (長崎県)

「光の王国」と名付けられた日本最大級のイルミネーションで彩られたカウントダウンはとてもロマンティックです。恋人と新しい年に思いを巡らすのもいいのでsh。

⑦首里城 新春の宴(沖縄県)

いつもと違って、春の沖縄で新年を迎えるのもすてきです。首里城では、琉球王国時代、元旦の首里城で執り行われていた「朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」という儀式を再現した催しが行われます。2000年に世界遺産に登録された首里城は、朱色が本当に鮮やかで独特な建築様式もとても魅力的です。

大晦日を有意義に過ごし、さらに飛躍した新年を迎えましょう

いかかでしたか?

もうすぐやってくる今年最後の日、大晦日。

今年の大晦日をどんな一日にしたいのか、そろそろ計画を練ってみましょう。

よかったこと、だめだったこと、いろいろと振り返りながら、自分らしいこの1年の締めをして、新しい1年につなげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう