大暑 7月23日頃

大暑の起源や語源、歴史、
また大暑に行われる行事など大暑に関することを解説。

-AD-

大暑(たいしょとは)

日本では四季の移ろいを感じながら過ごしていますが、多くの人は春夏秋冬と大きく四つに分けて、自然を眺めたり気温の変化を感じています。暦の上でも大体の時期を見る事が出来ますが、二十四節気もあります。夏の時期には大暑という言葉を見かけますが、これは快晴が続いてどんどん気温が上がって行く時期となります。概ね7月23日ぐらいなのですが、暦の関係で毎年変わります。二十四節気の12番目に当たる時期とされています。

夏の暑い時期を感じさせてくれる大暑は、太陽黄径が120度の時をいうので7月23日頃となります。立秋の前日までの約15日の期間ですが、基本的には始まる一日目のことを今ではいうようになりつつあります。この時期は7月後半で本当に暑くなり始める時期です。太陽の位置なども普段は考える事も少ないですが、じっくりと空を見上げて夏の暑さを感じる機会にするのも良いでしょう。日本らしい季節を感じられる一日でもあります。

二十四節気という昔からの暦に基づいて決められている日なので、知っている人は知っているというような日でした。最近はいろんな行事食やイベントなどを気にする方も増えてきているので、どんどん注目を集めるようになりました。それに、夏の暑さも例年に比べてかなりのものですから、熱中症などの対策もしないといけませんので、それに伴っていろんな呼びかけもされています。その為、多くの人が大暑という言葉に触れることも増えたのです。

大暑の時期には夏ばて防止のために栄養のある食べ物としててんぷらを食べたりする事があります。土用も近いのでうなぎを食べたり忙しく感じるかもしれません。また、動物園の白熊に氷をプレゼントしているのがテレビで放映されたりもしますし、打ち水をして涼しさを演出するのも見かけます。いろんなイベントが各地で行われるようになっていますので、ぜひチェックして日本の暑さに負けないように楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう