天皇誕生日 12月23日

天皇誕生日の日の起源や語源、歴史、
また天皇誕生日の日に行われる行事など天皇誕生日の日に関することを解説。

-AD-

天皇誕生日とは

天皇誕生日は日本における国民の祝日です。『今上天皇の誕生日を祝うこと』を趣旨とした日となっています。昭和23年までは天長節と呼ばれていました。昭和63年までは昭和天皇の誕生日であった4月29日が日付となっていましたが、平成に入ると現在の天皇の誕生日である12月23日となっています。そもそもは、中国は唐の皇帝の誕生日を祝った事が起源となっています。老子の『天長地久』という言葉が語源となり、唐でも『天長節』と呼ばれていました。

中国(唐)から始まった天長節はやがて我が国にも伝来します。775年の10月13日には、当時の光仁天皇の誕生日を祝う天長節の儀が執り行なわれました。これが一番最初の天皇誕生日となります。このときは、天皇の臣下がお酒を献上したとされています。数年後の記録にも光仁天皇の天長節が祝われた記録が残されており、さらには室町時代の記録にも天長節が行われた記録があります。しかし、記録としては少なく、継続的に行われてはいません。昔の日本では、正月に全ての人が一斎に歳を重ねる数え歳であり、誕生日を重視して祝うという風習がなかったためです。

長い期間、重要視されてこなかった天皇誕生日ですが、明治に入り復活します。明治元年9月22日(現在の11月6日)、天長節の祝いが行われ、翌年には各国公使を招くなど年々祝いの規模が大きくなっていきました。そして明治5年に天長節の儀礼が整うと、翌明治6年(1873年)の太陽暦採用後には天長節は11月3日に変更。その後太政官布告によって、この日が国家の祝日と規定されました。これが現在の天皇誕生日となっていくのです。その後、皇位が継承されるたびに天皇誕生日は変更されてきました。

最近の天皇誕生日の特徴としては、一般的な国民からは、12月にある祝日のひとつとしての役割が大きいことが言えます。実際には、皇居内において天長祭などの祭事が行われており、また、国民の参賀も受けられています。また、皇位が継承された場合、前の天皇の誕生日は天皇誕生日ではなくなりますが、新たな祝日となる場合があります(昭和天皇の誕生日はみどりの日となりました)。現在、生前での皇位継承が話題となっていますが、実際に皇位継承が行われた場合の天皇誕生日の扱いも注目されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう