タイプ別に分けた失恋を癒す方法 - 失恋 2020年6月1日 -

誰しもが失恋を経験していく中でタイプによって立ち直りやすい、引きずってしまうなどと分かれていきます。
それによって傷心を癒す方法は異なり、アプローチも変わります。

-AD-

色々なタイプの失恋がある

失恋を経験した人がほとんどであり、経験しないまま結ばれるケースはかなりの幸せです。実際に失恋を経験した人の中には、完全に吹っ切れているケースやなぜ別れたのか今でも疑問に思っているケース、悔しくて夜も眠れない人などタイプは様々です。当然ながら心の傷つき方も全く違います。そうした時にその心を癒す方法もタイプによって異なるのが普通です。

このパターンではこれがおすすめというものが、別のパターンにはむしろ逆効果ということもあります。もし自分が失恋をした場合にどのような心情になるか、それを知っておくことでいざという時に自らで癒すことができます。対処方法は人それぞれであり、タイプ別にあるやり方を紹介します。

落ち込みがちな人の対処方法

失恋をすることで落ち込んでしまう人は、失恋の事実にいったん蓋をするのがおすすめです。なぜ自分は失恋をしてしまったのかと考え出すと何も手がつかなくなります。そうなればますます落ち込んでいき、色々な部分に支障をきたすことになってしまうため、できるだけ考えないようにしていくことが大切です。

もっとも自然な方法は仕事に打ち込むことです。仕事に専念していくことで失恋どころではなくなり、仕事はもちろん、別のことに精を出すようになります。そうなれば失恋は過去のことになり、どこかで笑い飛ばすような感じになり、出会いも見つかるはずです。落ち込む時ほど仕事に打ち込むというやり方はパワーを引き出すことにもつながっていきます。

執着する人は新たな相手探しを

相手に執着する人が失恋をすると、過去の思い出に入り浸るような形になりがちです。そうなると、過去に付き合っていた人に対する恨みなどが出てきてしまって精神衛生上よくありません。お酒を飲んで涙を流しながら悔しがるケースもあるなど、周囲の人にとってみても健全な状況とは言えず、新たな相手を探していくことが求められます。

こういったタイプの人は新たな相手を見つけることで過去のことを忘れやすくなります。そうなれば、あの時のあいつが苦しめてくるというようなことにもなりません。相手に対する依存度が高いことは恋愛体質でもあり、比較的成就しやすい傾向にあります。クヨクヨせずに前を向いていくことが対処方法としてはベストです。

自責傾向にある人は友達に癒されるべし

自分の責任とばかりに自責傾向にある人は、どんどん追い込み自ら傷つけていく形になります。傷がえぐられていく形になり、あまりいい状況ではありません。こういう人は1人でいる時間は少なくし、友達に会って癒す時間を設けるのがおすすめです。傷心の友人を見て友達は何とか励まそうと思うものであり、癒すものです。

失恋をしてしまって自分がこうするべきだったと責めてしまう場合には、友達に癒すことをしてもらい、その友達が同じように責めていたらこちらが今度は癒すというやり取りをしていくことで関係性が深まります。ただ、友達のタイプによっては逆効果になってしまうこともあるので、話をただ聞いてくれる人のような友達が適しています。

失恋で負った傷は素早く癒してもらう

失恋はいわば自らが否定された瞬間でもあり、誰しもが傷つくことになります。失恋に懲りない人は自分で解決するのでいいですが、それができない人は何かしらの方法で傷を癒すことが必要になっていきます。どのようなやり方で行うかはその人の性格や考え方、タイプによって変わります。

いずれにしても、失恋で負った傷は素早く処置を行い、できるだけ速やかに恋愛をしていくことが大事です。一番避けたいのは恋愛に憶病になることです。もう傷つきたくないと思ってしまうと恋愛すること自体を避けてしまいます。恋愛は傷つくものだと思い、負った傷は自分に合った方法で癒していくことができれば、心はどんどん強くなっていきます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう