失恋をしてしまった友人を励ます方法 - 失恋 2020年6月1日 -

大切な友人が失恋したら、話を聞いてあげたり外に連れ出してあげたりすることで励ますことができます。
励ます方法を間違えてしまうと相手を傷つけることもあるので注意が必要です。

-AD-

全力でサポートをしてあげることが大切

仲良しの友人の存在は誰にとっても大きいです。そんな人が失恋をして悲しんでいたらこっちまで辛い気持ちになってしまいます。しかし一番つらいのは友人なので、全力でサポートをしてあげないといけません。でもどうやったらサポートできるのかわからないとか、励ます方法もわからないと悩んでいる人は意外と多くおられます。

大切な人がこれから万が一失恋をしてしまった時のために、どうやって励ました方がいいか事前に学んでおくことも大事です。自分が失恋をしてしまったら、こんなことをされたら嬉しいということを友人にもしてあげることです。全力でサポートをしてあげることで、立ち直る時間も早くなるかもしれません。

とにかく話を聞いてあげること

大切な友人が失恋してしまったことがわかったら、とにかく最初はひたすら話を聞いてあげることが大事です。この時に注意をしなければいけないのは、「こうすればよかったのに」というようなことは絶対に言わないことです。失恋をした方は、思いを全て吐き出したいと思っていますしとにかく話を聞いてもらいたいと思っています。

最も大切なことは、だれかに話を聞いてもらうことでもあります。最初は、励ますために何かを言わないといけないと考える必要はありません。とにかき聞き役に徹することが相手の気持ちを落ち着かせる方法になります。相手が言うことに対して「うんうん辛かったよね。わかるよ。」などと言って頭をなでてあげることも大事です。

カラオケに連れ出したり断捨離をすすめる

大切な友人の失恋の悲しさを励ますには、広い場所に思い切って出かけてみるのもいいです。いつまでも同じ場所にいても気分転換はできません。広い場所に行こうと誘ってみることです。その一つに海がおすすめです。海に行って、相手が辛いと思っていることを大きな声で吐き出してもらいます。辛いことは吐き出さないと癒すことはできません。

相手のわだかまりを見つけてとにかく吐き出させます。そして断捨離をすすめるのも励ますことにつながります。今までの恋人との思い出があふれている部屋はとてもつらいです。元カレからもらったものとか思い出が深いものは一機に捨ててしまうことをすすめます。カラオケに連れ出して思いっきり声を出して歌を歌うことでも楽しい気持ちになれます。

励ます際は注意をしないといけません

失恋した相手を励まそうと思って、ついつい元カレの悪口を言ってしまう人がいますがそれはNGの方法です。元カレの悪口を言っても「あなたに言われる筋合いはない」と思われてしまいます。例え相手が元カレのことを悪く言ったとしても「そうだね」くらいに留めておくと良いです。

また根拠のない発言をしてもいけません。「あなたなら失恋してもまたすぐに新しい恋が見つかるから大丈夫」などと言っても失恋をした人はかなり自信をなくしています。そんなことを言っても「じゃあなんでふられたのよ」となってしまう可能性があるからです。励ましたつもりでも相手に「あなたは何もわかっていない」と思われてしまうことがあります。そうならないように気を付けないといけません。

相手の気持ちをしっかりと考える

大切な友人が失恋をしてしまって悲しんでいたら誰でも励ます方法を必死で考えます。でも一歩間違えてしまうと余計大切な友人を傷つけてしまったり怒らせてしまうことになりかねません。そうならないように、相手の気持ちをしっかりと考えて発言することが大事です。

失恋をした相手を励ます方法としては、しっかりと話を聞いてあげて少し落ち着いたら外に連れ出してみるというのがいいです。失恋はつらいですが、信頼できる人がそばにいてくれて励ましてくれたらそれだけで心は落ち着きます。元カレを悪く言ったり根拠のない言葉をかけてしまいがちですが、そういうことは相手は望んでいません。自分に置き換えてみたらわかります。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう