つらい失恋。大切な人と復縁する方法と可能性 - 失恋 2020年6月1日 -

失恋はとてもつらいもの。一度別れの決断をした恋人同士ですから、なかなか復縁することは可能性が低いように思えます。
ですが実は正しい方法さえ理解しておけば、復縁は不可能なことではありません。

-AD-

いつまでも落ち込んでいてはNG

復縁の可能性を高めるためには、まずあなた自身が失恋を引き摺らないことが大切です。人間は落ち込んでいると表情も暗くなりますし負のオーラを醸し出してしまいます。恋愛の最初を思い出してみればわかることですが、暗く陰気な人と明るく穏やかな雰囲気な人、どちらと付き合いたいでしょうか。きっと多くの人は後者ではないでしょうか。

どんな理由で失恋したかにかかわらず、別れてしまったのであればそれを受け入れることも必要です。いつまでも失恋にくよくよとふさぎ込んで「復縁したい」と願っていても、それは無理な話です。可能性すらありません。復縁するためには、失恋した時の自分よりも、さらに何倍も魅力的になっていなければいけません。失恋で悩んでいる暗い姿は誰から見ても決して魅力的ではないので、ひとまず封印しましょう。

方法1:相手と距離を置いてみる

失恋のあとは、どういう経緯で別れたにしろ疲弊するものです。お互いが愛し合っていて別れた場合であれば悲しみで心が塞いでいるでしょうし、怒りのままに別れたときでもストレスで心が蝕まれています。そんな大変な別れのあと、元に戻りたいがゆえに何度も謝罪したり連絡をとったりすることは相手の疲弊した心に追い打ちをかけるためNGです。

人間はストレスがあると、それを回避しようと本能的にその原因から遠ざかります。ですから相手にストレスを与えると、それだけ心の距離も離れていき、元に戻れる可能性が減ります。やり直したいしたいという気持ちがあるなら、いったん相手と距離と時間を置きましょう。この方法を使えば相手の気持ちも徐々に落ち着き、あなたの良さを思い出す可能性が高まります。

方法2:沈黙の期間を設けてみる

よく元の恋人と友達関係に戻る人がいますが、これはNG行為です。本当に復縁を目指すのであれば、失恋後に直接会うことはもちろん、電話やメール、SNS上でも繋がりを断つべきです。なぜかというと、元恋人という存在はとても便利なものだからです。一度は心がつながりあっていたもの同士ですし、付き合っていた間の歴史もあります。ですから別れたとはいえ阿吽の呼吸で伝わることも多く、何か困ったことがあったときやちょっとさびしい時などに利用しやすいのです。

この関係性のままでいて相手の欲求に応えていると、相手にとってあなたは「困ったときに頼れる人」になります。一見いいことのようにも思えますが、そこには何の責任も存在していません。都合の良い存在、とも言えます。こうなるとまた恋人関係に戻って別れる・別れないのトラブルに巻き込まれるより、「このまま都合の良い存在でいてほしい」と思われてしまいます。その後に恋人同士に戻れる可能性は、ほとんどないでしょう。別れたあとはある程度の期間、相手から存在の見えない場所へいってしまうのも大事なの方法です。

方法3:自分が変われたと思ったときがスタート

人の気持ちはすぐには変わらないものです。しかし、あなたが失恋後に沈黙を貫き、距離を置いていれば、その間に相手の気持ちはどんどん変化していきます。あなた自身もその期間で少しは失恋から立ち直っているかもしれません。そうなってからようやく寄りを戻すための一歩がスタートします。この期間は失恋してから早くて一年、と考えておいてください。自分も含め、人の気持ちが変わるのには少なくとも一年は必要です。

一年たち、あなたが失恋前よりも魅力的な自分になれたと思えたときには、相手に連絡をとってみても良いでしょう。ただし別れた時のことを蒸し返すような、重くて暗い連絡は絶対NGです。初めて2人が出会った時のような、明るく希望に満ちたやり取りを心がけましょう。「あのときよりも成長した自分」を相手に好きになってもらえるような行動をするのがベストです。

時間をかけて前向きに

復縁とは長い時間かけて行うものです。別れるだけの理由があって離れた2人が再度恋をするのは、新しい人と出会って恋をするよりも難しいことがたくさんあります。時間もたっぷりかかります。ですがきちんと自分の気持ちに整理がつき、前向きになっていれば復縁は決して不可能なことではありません。そのために大事なポイントは、相手にストレスを与えないことと、都合の良い存在にならないよう自分を大切にすること。

そして別れた時よりも素敵な自分になることが最も重要です。別れたことを引き摺り、いつまでも謝罪したり追いすがったりするような人間には魅力がありません。ですから復縁を願うのであれば、いったん失恋から気持ちを切り替えて自分磨きをするようにしましょう。そうすれば結果はついてくるはずです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう