奇術の日におすすめのバーとかあるか - 奇術の日 2018年12月3日 -

12月3日は「奇術の日」です。設定した日本奇術協会はそれに当たって6年前からマジシャン無料巡回公演を奇術の日までの数日間に実施しています。
それが待てない場合はバーがおすすめです。

-AD-

奇術の日の無料公演とバーとの違い

奇術の日の無料公演は一年で数日しかされません。2017年は11月30日(日)から12月3日(水)までの4日間実施することになっています。この期間に行けない場合や好きな時に楽しみたい場合はマジックバーがおすすめです。奇術の日の公演と違いバーはいくつもあるので自分の都合にあったバーに決めることができるのがおすすめの理由です。奇術の日に無関係にバーで楽しむことができます。

またバー以外ではレストランでも奇術の日に関係なく展開していて食事が取れるのでおすすめです。ただバーとレストランではマジックの時間に差があるのでマジック重視であればバーで楽しむ方がじっくり楽しめるのでおすすめです。

奇術の日やバーでサプライズ

奇術の日自体を知らない人になら奇術の日のマジシャン無料巡回公演(ボランティアマジック)はサプライズとしておすすめです。奇術の日に向けたボランティアマジックがおすすめな理由としては全国の学校や公共施設等より公募するところにあります。つまりこのボランティアマジックは場合によっては近所で無料巡回公演が見ることができる可能性もあるところによります。

奇術の日自体の由来を絡めたうんちくとしても楽しめるのおすすめポイントです。一般の人ならバーでサプライズも十分おすすめです。また奇術の日の公演のボランティアはプロアマチュア問わず全国展開で募集するのでマジック好きにはたまらない時期としておすすめとされます。

関東のマジックバーでの様々なおすすめ

関東では東京にあるマジックバーはサプライズが面白いところに定評があります。ステージショーを必ず見れ半個室空間ありだったりするのでカップルで貸し切りみたいな利用も不可能ではありません。ステージに登場するマジシャンがテレビに出ている率が高い傾向です。またカップル以外でも接待向けのサプライズをするケースもあります。

店舗によって男性より女性の方が料金が安く設定してあったりステージショーを展開したりする方向性です。入店すれば必ずマジックが観れるタイプと予約制だったりと様々です。店舗によって性質が変わり常連向けだったり家族もOKという特徴の店も存在します。よってデート向きかどうか下調べが必要とされます。

関西のマジックバーでの様々なおすすめ

逆に大阪などの店舗は東京より個性的且つリーズナブルな傾向で場合によれば半額くらい違うのでお手軽です。さらにはマジシャンのレベルが高かったり独特な傾向です。具体的な例として目の前でマジックを展開されるがタネがわからないほどの高いスキルのマジシャンが在籍していたりします。マジシャンが賞を取得してる力量であったり高学歴だったりバーテンダーとして登場したりタイガースの話で盛り上がったりと様々です。

また個性が強い傾向で出される食事が中華でさらにその店舗はハリウッドの大会に準優勝したマジシャンも登場するケースがあります。さらには出張マジックを受け付けているバーもあるのでマジック好きなにたまらないサプライズもできます。

マジックバーの補足について

マジックバーは一般的に全国展開ではありません。店舗展開の規模としては東京を筆頭に関東や関西におもなマジックバーがあります。そのほとんどは夜営業で予約制が多くを占めます。その店舗の営業によりほとんどが夜からの営業であるため子供同伴には向かない側面があります。

しかしランチタイムでも営業をしているところがあるので全くダメでもありません。それ以外にはレストランでも行なっているところがあるので家族ならそちらで楽しむことができます。大掛かりなサプライズならマジシャン派遣を専門にしているところもあります。大阪のバーではホテルやレストラン以外に結婚式などに出張する出前マジックをするところもあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう