相手に好かれる話し方や態度で人間関係も良好に - 2018年8月1日 -

人と接する時、話し方や態度次第で相手に好かれるかどうかというのも分かれてきます。
異性からも同棲からも好かれるように意識するだけで、人生をより楽しむことも出来るでしょう。

-AD-

人に好かれる事で人生にも変化が起こります

人間関係において、会話をしたりどういった態度で接するかによって、相手から見られる印象も変わってきます。第一印象でももちろん変わってきますし、新しく知り合った方とどのように接するかによって好かれる要素も出てきます。意識することで、必ず自分を変える事が出来ますし、自分のことをどう見られているかも意識して変えていくのも大事です。

初めて出会った人との関係も、また新たな出会いからその後の関係性にも影響がありますので、好かれるために出来る努力はしていく事をお勧めします。人に好かれる事で人生そのものにも変化が出てくることも多いにありますし、恋愛の幅も広がる事にもきっとつながってくるでしょう。

まずは話し方から意識してみましょう

人に好かれる話し方で一番のポイントは、まず相手のことを否定しない事です。人は話を聞いてもらいたい、自分の話をしたいという思いは誰でもあります。認めてもらいたいという欲求も有りますので、それを頭ごなしに否定されるので、とにかくまずは受け入れてみる事から始めてみましょう。

声のトーンを合わせるというのも大事です。重たい話をしているのにこちらが明るい話し方をすれば雰囲気は悪くなりますし、逆に楽しい話をしているならそのトーンに合わせる事です。本音で話す事も大事ですが、自分の話ばかりではなく、聞いている人も参加できるような話し方をすることが重要です。ずっと聞いているというのは退屈ですし、それを考えた時に相手の気持ちも考えて話すことが大事です。

どういった態度で接すれば好かれるのか

人に好かれるための要素として、人によって態度を変えない事は大事です。立場の弱い方にも常に優しく出来ると好かれます。そして、ついつい話したくなってしまう自慢話を控えて見下すような態度を取らない事です。また、人の好き嫌いをあまりしない方が好かれますし、ちょっと苦手だなという人がいたとしてもそれを態度に出さないというのは重要な事です。

ミラーリング効果とも言われていますが、相手のことを好きになれば自分も自然と好きになってもらえることが多いのも心理的な部分で良く言われているます。好かれたいのであれば、まずは好きになることから始めてみましょう。そのためには長所を意識的に見たり、認めていく事も重要なポイントです。

上手く話せない人はどうしたら良いか

人に好かれたいけれど、コミュニケーションを取ることが苦手といった口下手な人でしたら、まずは聞き手に回ることから始めてみましょう。話を聞いてくれる人は安心して話せますし、認められているという欲求を満たしてもらう事が出来るため、好かれる傾向があります。話に共感をしたり、話の流れを止めないように質問をするといった事も意識して行っていけば良いでしょう。

また、共通の話題を持ち出したり、相手への好奇心を持っての話し方をしていると好かれます。もちろん会話はキャッチボールですのでただ聞いているだけではなく、こちらも意識をして話しかけるという事は大事です。そのバランスが取れていると好かれるでしょう。

好かれるための話し方と態度を意識して

人間関係を良好にするため、また人生を楽しむためにも人から好かれることはとても大事な事です。思うがままに話しているのもある意味素直と捉えられるかもしれませんが、実際にはどういった話し方や態度で接するかによって、その相手との関係にも違いが出てきます。

人から好かれる事で、第一印象のみならずその後恋愛に発展したり深い仲になる事もありますし、人生をより楽しんだり充実させるためには、意識していく事が重要です。最初は難しい事も有るかもしれませんが、ポイントを抑えて実行していけばミラー効果できっと相手も自分に好意を抱いてくれるようになるでしょう。そうなることで、今よりもきっと充実した日々になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう