嫌われる話し方をする人の態度と改善点 - 2019年6月1日 -

嫌われる話し方をする人の態度にはいくつかの特徴があります。それらを理解すれば何を改善すればいいのかという事も見えてくるので、
ある意味で反面教師のようなものとして捉えると自分がどうすべきなのかも分かりやすくなります。

-AD-

嫌われる話し方をする人の態度には共通の特徴がある

嫌われる話し方をする人の態度には共通の特徴や傾向があるといっても良いでしょう。パターンは複数あって一つではありませんが、他人ではなく自分について興味があるという事や、意識が常に自分にあって自己中心的に考えているなどの事があります。

また、話し方は断定的だったり語尾を強くして意志を強く表現してしまうという傾向があったりもして、自分以外の人に対して同調ではなく服従を矯正しているかのようなイメージを与えやすい傾向もあったりします。こうした事をすれば嫌われるという事が分かっていないので、自分では気づいていない事も多くなかなか自分で改善することが難しいという事もあるのではないかとも考えられます。

主語が一人称ばかりになっている

主語が自分というような一人称ばかりになる特徴があります。これが嫌われる人のほとんどに共通していることだといっても良いでしょう。自分はやったとか、自分は悪くないというような事に良く使われるのですが、とにかく興味が自分にしかないという事を自ら宣言しているような事になるのですが、それが当の本人には分かりません。

何しろ自分の事を分かってもらう事で必死になっているので、余裕がないという事が言えるのかもしれません。このようなタイプはなかなか自分の事が周りに理解されていないという事は感じているので、それを必死に分かってもらおうとしているのですが、これが逆効果になっているというわけです。たまに人のことを言うと悪口のオンパレードという事も嫌われる大きな理由となります。

基本的にネガティブことしか言わない

いう事の全てがネガティブという人もいます。自虐ネタで人を笑わすというようなケースでは良いのですが、意味なく全ての事についてネガティブに語ります。こんなことはしたくない、すべきではないというような感じです。そして特徴として解決案が出てこないというのも特徴で、そのまま何も解決することなく、話が続いていくという事があります。

人は別にネガティブな話を聞きたいとはだれも思っていません。面白い話は大好きですが、ネガティブな話をされて盛り上がる事は無いので、そのような事ばかりをしていると嫌われることになってしまうわけです。これは話し方や態度というのと少し違うかもしれませんが、このような話をしている時は態度もあまり良くないことが多いので印象も悪くなるという事があります。

語尾を強くしてごまかす

嫌われる人の話し方の特徴として語尾を強くするという事もあります。これは断定的に見せることで自分を認めてもらうという事が無意識に出ているものと考えられます。人は他人に同意してもらいたいというような時には、断定的な言い方は避けるのですが、そうした事が出来ないのでしょう。自分の意志だけを伝えることに必死なのでこれを改善する余裕もないのかもしれません。

自分を強く見せたいという意図もあるので態度も横柄になりがちです。基本的に言葉と態度は無意識に同じような表現をすることになるので、語尾を強くして自分を強く見せようとする態度は嫌われる要因となりやすいと言えます。無意識に出るのでなかなか改善しにくいという事が言えるのかもしれません。

嫌われる人は意識が自分に向きすぎている

嫌われる人の特徴として意識が自分にしか向いていない。若しくは他人の事を考える余裕がないという事があります。そのため何をどう改善したら嫌われることが無くなるのかも分かりません。意識が自分にあるので、周りが見えていないので、嫌われているという自覚がないケースもあります。

自覚がなければ改善されることもないわけで、どんどんと悪い方向に流れていってますます嫌われるという悪循環を繰り返してしまうようになるというわけです。人は他人から指摘されたり、周りの空気を読んで自分の行動を反省することで成長していくわけですが、これが自分にしか意識がないと出来ないので、どんどんと周りの空気を読むことが出来ない人になってしまうというわけです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう