嫌われる男女の性格や特徴を知って対策強化 - 嫌われる 2020年6月1日 -

男女の別を問わず嫌われる性格や特徴を持っている人は一定数存在し、中にはどちらかの性別の人に嫌われやすかったり同性にのみ嫌われるケースもあります。
嫌われているタイプかもしれないと自覚している人はそのポイントを把握して改善することが大事です。

-AD-

嫌われる男女の性格や特徴を把握

性別を問わず嫌われる人というのは性格の良し悪し以前に清潔感がないという特徴があり、仮にも社会人であれば極端に不潔なケースはあまりみられないものの、スーツの衿にフケが目立っていたり音を立てて路上に痰を吐くなどモラルの面からも許容されない行為をするタイプです。

歩きタバコや吸い殻のポイ捨てを平気で行うタイプも同様ですが、歩きスマホをする人のほうが危険でありながらこちらは大抵の男女が行っているため嫌われる対象にまではなっていない点に多数派・少数派の問題も潜んでいます。歩きスマホは身に覚えのある人が多いため、仲間内でことさらに注意することが嫌われる対象になりがちな点も好き嫌いの基準が微妙とされるポイントです。

性別を問わず嫌われる男性の特徴

女性から性格の面で嫌われる男性の特徴はいわゆるデリカシーのない人です。思いやりの気持ちがないとか不親切という以前に相手が自分の発言や行為で気分を害していることにまったく気が付いていないため、周囲は嫌うというよりも自分自身がストレスを溜めないよう回避するしか方法がありません。自分に非があるという意識は皆無だけに注意された場合逆ギレする人もいます。

自慢話が止まらない男性も聞いている人がひたすら感心してくれると思っているため、延々と続けてしまいます。相手の話を聞かずに自分の話に終始して、しかも自慢が多く人の話をさえぎって相手の話をすべて否定することで会話を続けようとする男性は特に男女双方から嫌われますが、本人がそれに気が付かないというところで状況がどんどん悪化するケースが少なくありません。

女性ならではの配慮が嫌われるポイントに

女性の場合、嫌われることを極端に気にする人が多いこともあって相手からあからさまに嫌われるような特徴を持つ人は表立っては目立っていない印象があります。男性からのウケは良いものの同性には嫌われてしまう女性もいますが、ある程度本人が自覚しているケースもあり社会人の場合は深刻なまでの嫌悪感を抱かれる女性はあまり多くないと言えます。

最近は香害と取り沙汰されたことで一時期よりは減少傾向ですが、良かれと思って利用している柔軟剤の匂いが強過ぎて鼻が敏感な周囲の人に嫌われてしまうこともあり、特に強い香水でも気分が悪くなる人が多い男性が嫌うことが多いとされます。性格面ではあまりにおしゃべり好きな女性を苦手に思う男性が少なくなく、特にその場に居ない人の悪口を言う女性は男女の区別なく嫌われます。

嫌われる前に気付くことが重要

男女共に周囲から嫌われていると自覚するのはつらいものがありますが、嫌われているらしいと気付ける人は改善が可能な点で無自覚な人よりは救いがあります。清潔感やモラルの問題は徹底的に改善させる必要がありますが、自慢話をしたくてたまらない人やおしゃべりが止まらない人はそれをあまりに我慢し過ぎるとストレスが溜まって別な方面で嫌われる言動をしてしまう恐れもあるため、仲間内などではある程度は容認してもらうほうが得策と言えます。

何回かは自分の話を我慢して相手の話を聞く努力をするだけで好感度が上がりますが、それも自分の良くない点を自覚していなければ実行できないため、問題点を指摘してくれる友人を作っておくことも大切です。

好かれる特徴を伸ばしてアピール

世の中には完ぺきな人は居ないため男女共に嫌われる性格や特徴を持っていても、仕事はきちんとこなしていたり何らかの特技で人に役立っているなどどこかしら良いところがあれば大目に見てもらえることが多いのも、無難な交流を貴ぶ日本社会の利点と言えます。

何となく周囲から嫌われているような気がするものの、嫌われポイントが自分ではどうしてもわからない場合は人から喜ばれたことがある言動などを思い起こして、その点がより目立つように努力をすると徐々に好感度を上げて行くことができます。誰からも好かれるというのは難しいものがあり、周囲に嫌われまいとして卑屈になり過ぎるのも問題があることから、不快感を与えないための配慮を欠かさない最低限のマナーを守れば、周囲もある程度は大人の対応をしてくれるはずです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう