宝くじのいろいろな種類と特徴を知っておこう - 宝くじの日 2019年9月2日 -

一獲千金を狙って購入する方が多い宝くじですが、いくつか種類があるのはご存知でしょうか。それぞれに特徴があり、楽しみ方も違います。自分に合ったタイプのものを選んで楽しみましょう。

-AD-

いろいろな楽しみ方ができる宝くじ

宝くじを購入したことがあるという方は多いのではないでしょうか。時折テレビでも取り上げられることもあり、購入経験がなくても気になっているという方も多いのではないでしょうか。しかし、面倒そうだと感じたり、どういった種類の物を買えばよいのかわからないという方もいるでしょう。

確かに宝くじには多くの種類がありますから悩んでしまう事もあるでしょう。それぞれに特徴があり、楽しみ方も変わってきます。抽選までの期間や購入のしかたなどに多くの違いがありますから、まずは大まかにどういった特徴があるのかを種類別に見ていきましょう。そうすることで、自分が購入したい宝くじに出会うことができるかもしれません。

すぐに結果を知って楽しみたい方にお勧めの種類

宝くじを購入して抽選まで期間があると忘れてしまう、という方もいるのではないでしょうか。購入したときの運勢や気分が良いため、すぐに結果が知りたいという方もいるでしょう。そういった方は宝くじの中でもスクラッチという種類のものを購入してみましょう。

スクラッチはその名の通り、銀色で隠された部分を削って結果が出るという特徴があります。すぐに結果が分かりますし、削っていく過程も楽しいものです。お子さんなどでもわかりやすいです。さらに、人気のキャラクターなどを取り入れていることもあり、見ていても楽しいものとなっています。気軽に一枚から買ってすぐに結果が知りたいという方は、こうしたスクラッチが適した特徴のある種類の宝くじといえます。

自分で番号を決められる特徴があるものも

番号が勝手に割り振られる宝くじは自分の思いや行動を反映しづらく楽しくないと思う方も多いことでしょう。そういった方にお勧めなのが、自分で番号を選んで購入できるという特徴のある宝くじです。ナンバーズやロトなど、複数の種類があります。

示された数字の中から、いくつかの数字を選んでマークシートに記入し、それを窓口に提出して購入します。自分で番号が選べるので、「自分で何かをした」という気持ちになりやすく充実感を感じやすいです。好きな番号で飼いつづけたり、データを分析したりと思い思いの楽しみ方ができます。当選者が出ないこともあり、そういった場合次の階にキャリーオーバーされ、当選金額が大きくなる可能性もあります。

一般的な「宝くじ」の特徴とは

多くの方が宝くじと聞いてイメージするのが、年末ジャンボなどの番号が印刷されている特徴のある種類の宝くじでしょう。購入してから抽選まで期間があるのが特徴で、その間の夢を買うのだという方も多いです。できるだけ長くワクワクした気持ちを楽しみたいという方にお勧めの種類です。

一口の値段はその時販売されているものによって様々です。一口100円の宝くじもありますし、ジャンボ宝くじのように300円のものもあります。さらに時折一口500円など高額なものも販売されます。10枚単位で購入される方が多いですが、その際には番号がばらばらに入ったバラと、番号がつながっている連番といった組み合わせの種類を選ぶことができます。前後賞を狙うため連番を選ぶという方もいます。

手ごろな娯楽としてチャレンジ

宝くじはギャンブルの一種として避けている方もいるかもしれません。しかし、一口単位の価格で言えば高くても数百円ですし、販売している場所も全国にあります。地域も問わずに楽しむことができるちょっとした娯楽ということができるでしょう。はまりすぎるのはよくありませんが、自分に合った特徴のものを少し楽しむ分には良いのではないでしょうか。

年末ジャンボなどは発売されると人気の売り場などに行列ができます。当たりやすいとうわさされる売り場があったり、各売り場でお祓いをしていたり、金運アップの祈願グッズを置いていたりという事で、売り場を回ってみるのも楽しいものでもあります。ぜひいろいろな楽しみ方をしてみましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう