海外のSushiと異なる寿司の日のネタの違い - 寿司の日 2018年11月1日 -

日本には歴史的、語呂からあらゆる記念日があります。寿司の日もその通りで、お寿司屋さんにとっては、多くの人にお寿司を楽しんでもらいたい、消費者は、寿司の日には、贅沢にお寿司を堪能したいと思うはずです。海外のSushiと日本の寿司は違います。

-AD-

寿司の日のイベントを利用して美味しく寿司を楽しむ

消費者の利用喚起を促すために、寿司の日には、多くのお寿司屋さんで、特別なイベントを提供してくれる場合もあります。生の魚の美味しさを理解できる海外の人は少ないです。そもそも、食生活が全く違いがあるのです。高級な食材を利用した寿司は、日本人にとっては、頻繁に食することはできません。

しかし、海外でのSushiは、庶民的なメニューだと理解してもよろしいです。回転すしの業者が海外で売り上げを伸ばしているようです。日本の寿司のネタと異なるのは、地域に応じたネタを用意することです。生の刺身を食べることに抵抗がある海外の人は、揚げ物などをトッピングしたお寿司を好むこともあります。日本人は、寿司の日を特別な日と捉えて、贅沢をしてもよろしいです。

日本の寿司と海外のSushiの意味は異なる

日本では、旬と言う言葉があります。四季があるので、時期によって、収穫できるものが異なるのです。寿司の日は、夏に比べますと、生で美味しく食べることができる食材がたくさんあります。海外でSushiを食べた人は、日本の本物の寿司との違いを理解することができるはずです。

海外では旬という認識がなく、安くて美味しく食べる食材があれば良いという感覚があり、日本人の寿司に対する考え方と大きな違いがあります。有名店では、海外のSushiと違い、高価なネタを提供してくれることもあります。寿司の日のイベントを利用して、存分にお寿司を味わってもらいたいと考えます。スーパーなどで購入する寿司とは異なり、お店で提供されるお寿司の味の違いは明確です。

日本の食文化の代表が寿司

日本人が思う寿司と、海外の人が思うSushiとは、全く意味が違います。寿司は文字通り、寿の際に食するものです。職人の質も海外でSushiを提供する人とは、全く違う対応をしてくれます。回転すしなどを利用することにより、安価で美味しいお寿司を食べることができます。お子さんにとっては、生の食材ではなく、揚げ物などがトッピングされたネタを好む場合もあります。

寿司の日には、誰もが満足できる価格と品質で、通常とは違いのあるネタを安く提供してくれるはずです。海外で調達できるネタと寿司の日に提供できるネタの違いは明確です。日々の生活にメリハリをつけるためにも、寿司の日には、日頃食べることができない高価な食材を存分に味わうべきです。

日本人はいつ寿司を食べるのか

寿司は文字通り、寿の際に食べられることが多いです。正月や、誕生日などに食されることが多いです。寿司の日ということを理解している日本人は少ないですが、特別な寿司のイベントの日として、通常の日とは違う最高のネタをお店が用意してくれる場合もあります。

海外では、日本人が好むような食材ではなく、現地で好まれる食材での寿司を提供しています。ネタの大きな違いは、旬の食材を提供できるか否かということです。海外では、お寿司を日本人の食文化だと思っている人もいますが、本来の日本のお寿司との違いは明確です。特別の日には、美味しいネタで、新鮮なお寿司を食することをお勧めします。きっかけとして、寿司の日を活用すれば、コストパフォーマンスの高いお寿司を食べることができるはずです。

価格よりも品質が大切なのが寿司

お寿司と言えば、特別なことがない限り、食べられることはできませんでした。しかし、最近では、回転すしを利用することにより、安価で気軽に食べられる場所が提供されています。メニューにおいては、お子さんからご老人まで納得できるようにしていますし、寿司の専門店で食べるよりも、はるかに安い費用で利用することができます。

海外でも日本の食文化として、回転すしを利用する人が多いようですが、本物の寿司と海外の回転すしなどで提供されるネタの違いは明確です。日本では、産地直送で、美味しいネタでお寿司を作ってくれますが、海外や回転すしでは、冷凍されたネタを利用すること多く、本来の寿司を味わうことはできません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう