条件に合ったおすすめの帽子の選び方 - 帽子の日 2018年8月10日 -

帽子は顔立ちや髪型によっておすすめのものが異なっているため、選び方としてはそれぞれのポイントを総合しながら色合いなどにも気をつけて選ぶようにすると自分に似合うものが見つかります。

-AD-

帽子の選び方はどうすれば良い?

帽子はファッションアイテムのひとつとしてちょっとしたアクセントにする事ができますし、頭を飾る小物として使うことでファッション全体のテーマをまとめやすくなっているのでおすすめのファッションアイテムのひとつです。

そこで気になってくるのが帽子の選び方で、ファッションやテーマで合わせるのは勿論なのですがそれだけで選んでしまうとうまくまとまらないということもあります。特に注意しておきたいのが、ファッションやコーディネートばかりに気をとられて自分に合っていない帽子を選ばないようにすると言うところです。

ではどのように選べば自分に合ったおすすめの帽子を見つけられるのかというと、いくつかのポイントを押さえながら選ぶと言う事が大切になっています。

顔立ちに合わせたおすすめの帽子の選び方

まずは顔立ちに合わせて帽子を選ぶ場合、丸顔・面長・四角顔・逆三角顔・エラ張りのホームベース顏の5種類の中で自分がどの顔立ちに当てはまるのかと言うところを考えます。

例えば丸顔の人はどのような帽子でも似合うのですが、中でもおすすめされているのがボーラーハットやベースボールキャップなどのトップの丸い帽子だとされています。また面長の人は頭部が平らな帽子や浅めの帽子が似合うので、モナコハンチングやキャスケット・ポークパイハットなどがおすすめだと言われています。

ほかにも四角顔な人はボリューム感のある帽子が顔のシルエットによく合いますし、逆三角顔な人であればツバの幅が狭く深めの帽子をしっかり被る事がポイントです。ベース顏な人の場合は浅めの角ばった帽子でツバの大きいボリューム感のある帽子が特におすすめです。

髪型に合わせたおすすめの帽子の選び方

次に女性の場合に考えなければいけないのが髪型で、主に髪の長さによって似合う帽子やおすすめの種類が異なっているので顔立ちと合わせて選び方のポイントにする事が大切です。

例えばベリーショートの場合は顔の輪郭にぴったりとフィットするトップが丸くてかぶりの浅い帽子がおすすめされていますし、ショートカットであれば大きめのニット帽やベレー帽をツバが耳よりも外に出ないように被るとバランスがよくなります。

また長さがあるロングヘアであればアレンジ次第でどんな帽子も似合うので、アレンジに合わせた選び方を考える事がおすすめです。逆に長くてもミディアムヘアの場合は、定番の中折れ帽のほかにもボーラーハットやポークパイハットなどのハット系の帽子を選ぶことがポイントになっています。

帽子の種類や色によるおすすめの選び方

ここまでは被る人を中心として帽子の選び方を考えてきましたが、帽子の種類や色も考えていく必要があるポイントのひとつです。

種類としては主にハット系やキャップ系などが挙げられていますが、ほかにはニット帽・ハンチング・キャスケット・ベレー帽などもあります。それぞれ種類によってどんな印象を与える事ができるのかが異なっているので、コーディネートの雰囲気と合わせて候補を検討する事が大切だとされています。

また色に関してはおしゃれな服装の配色として、7:2:1の法則というものがあります。これはつまり、服装全体の約7割をベースカラー・パンツやスカートで全体2割をアソートカラー・帽子や腕時計で全体の1割をアクセントカラーにするというものです。

これを基本の考えにして配色を考える必要があり、色味で合わせた配色や色の濃淡を生かしたコーディネートなど色々な組み合わせを楽しむようにすると言うところがポイントです。

帽子の選び方についてのまとめ

帽子の選び方にはひとつひとつポイントがあるので、どれかひとつのポイントに重視して選んでしまうと結果的に全体がまとまらない結果になってしまいがちです。そのためそれぞれのポイントを総合して考える必要があるため、非常に奥深いものとなっています。

だからと言ってあまり考えすぎて帽子に重点を置いてしまうと言うのもコーディネートに失敗しがちな考え方になっているので、あくまでも参考として考える事が大切です。そうする事で楽しくコーディネートをする事ができますし、選ぶ楽しさを満喫する事が出来ます。

ですがどうしてもコーディネートに悩んでしまうと言う場合は、ひとつの方法として帽子を決めてから服装全体を考えてみると言うのも新しい考え方としておすすめされています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう