干支のひとつである亥年の人の特徴と相性は? - 干支 2018年12月1日 -

干支を見るとその人の性格の特徴がわかるといいますが、亥年の人はどのような特徴があるのか気になります。
そして干支を使って相性を見ることもできます。亥年の人と合うのはどのような人でしょうか。

-AD-

特徴はストレートなところ

亥年の人の特徴は自分の気持ちをきっぱりと人に伝えることができるということで、相手がだれであっても自分の気持ちを伝えることを大切にするという特徴があります。そのことで稀に他の干支の人に威圧的な性格だと思われることもあるようですが、基本的には意見をはっきりといいながらもさっぱりとした性格が特徴なので好かれることが多いようです。気持ちをストレートに使えるので喧嘩をすることも多いのですが、亥年の人は根に持つことなく、すぐに仲直りをすることができる特徴を持っています。

恋愛面では素直で一途な感情をもち、その気持ちがあふれてしまうので周囲の他の干支に人に気付かれてしまうことが多いようですが、それでも自分の気持ちを伝えられないままに片思いで恋が終わってしまうことが多いようです。

長所はやり遂げる力があるところ

亥年の人の特徴は誰が相手であっても自分の気持ちをしっかりと伝えられるところで、これは正義感の強さをあらわしています。相手が自分よりも強い場合でも気持ちで負けることなく、勇気を持って相手に発言をして気持ちを伝えます。また亥年の人はやると決めたことを最後までやり遂げる力を持っており、よほどのことがない限り途中であきらめてしまうことはありません。

責任感の強さも亥年の長所で、自分自身よりも弱者の立場に立って物事を考えることのできる人です。常に弱者を優先させられるので奉仕活動などに向いており、芯が強いことで、なにが合っても弱差を大切に考えて目標を達成できるでしょう。人を守らなくてはという気持ちが強いので、人から頼りにされることもよくあります。

短所は誤解されやすいところ

亥年の人の短所は普段は無口で余計な話をしないタイプなので、人から誤解されてしまうことがあることです。自分がこうだと思ったことは口にしますが、そこまで強い思いがない時には聞き役にまわっていることが多く、聞かれなければ発言しないということが多いようです。たまに口を開くと口調がきついために怒っていると思わせてしまうこともあります。

またすぐに人を許してしまうために何度も同じ人に騙されていまうという失敗を繰り返すこともあり、注意が必要です。そして責任感と忍耐力が強いために、疲れを溜めこんでしまい、ある日突然体調を大きく崩してしまうことがあります。そういったことにならないように、普段から適度に息抜きをしておくことも大切でしょう。

亥年と他の干支の相性は?

亥年と相性が良いと言われているのが子年でお互いに足りない部分を補える関係になれます。他には卯年は最初に出会った時からお互いに好感が持て、その後の良い関係も持続するでしょう。安心できる相手としては未年があり、お互いの長所を伸ばしあえる関係になれるのは酉年とされています。

相性が良くないのは丑年、寅年、辰年、巳年、亥年とされています。同じ亥年同士は対立関係にならなければ大丈夫ですが、一度関係が悪化すると手がつけられないほど衝突をしてしまう可能性があります。基本的に亥年は言いたいことを言うので、相手もはっきりと物事をいうような性格だと衝突が増えてしまい、トラブルとなってしまうようです。

干支の中で亥年がトラブルを避けるには

亥年の人は干支の中でも口数は少ないものの発言力のある人は多いことが特徴です。他の干支の中には言われたことに従うことが向いている干支があり、そういった特徴の干支の場合には亥年の人が言ったことに従ってくれるので相性がよく衝突が起こりませんが、お互いに譲らない性格の干支の場合には相性が悪く喧嘩になってしまいます。

亥年の人の良さは相手が干支のだれであっても気持ちを伝えられることですが、相性の悪い人には伝え方がきつくなり過ぎないようにすると他の干支とも上手にやっていけるでしょう。聞き上手な一面もあるので他の干支の人の話を聞きながら相性の良くない相手の思っていることを理解するようにすると、言い方も自然と柔らかくなるでしょう。相性が良くない相手とも良い関係を築いていきましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう