丑年生まれの人の特徴と他の干支との相性 - 干支 2018年12月1日 -

丑年生まれの干支の人の特徴は、慎重で計画性が高く正義感が強いです。
反して自分の思いに凝り固まることがあり、他の干支の人との相性に影響を与えることもあるので、注意が必要です。

-AD-

孤高で慎重なマイペース人間

丑年生まれの人の特徴は、マイペースで独立独歩の人という言葉に尽きます。他の干支と比べても1つずつ着実に自分の力で決めたことを成し遂げたいという気持ちが強く、人に頼らずに独力で行うことが多いです。心に決めたことは辛抱強く続ける気力を持ち、一見して他の干支の人からは不可能と感じて諦めてしまう場合でも、丑年の人は粘り強く、慎重に努力をして成功に繋げられるのが特徴です。

何事にも慎重である特徴から、人間関係を築く糸口がなかなかつかめないことがあります。最初は人見知りが酷く、周囲から誤解されて付き合いが難しいこともあります。しかし、仲良くなった相手には誠実に尽くすのが特徴で、いったん心を開くと非常に仲良くなり信頼関係を築くことができます。友人は少なくとも、気の置けない仲の方とは長い付き合いをできるのが特徴です。

12の干支の中でも一番正義感が強い

12の干支の中でも、最も信頼できる正義感の強いのが丑生まれの人の特徴です。集団行動の中で自分だけ楽をしたり、小狡く行動したりするのを嫌います。不正をしている人や適当に物事をやっている人が許せないという感情が芽生えるのも丑年の方に多い特徴です。困窮している人を見ると放っておけずに誠実に助けようとする傾向も見られます。

物事を進める時には、最初に計画を立ててその通りに遂行しようと考えます。12の干支のうち、最も慎重な性格なので何事も決めるまでには時間がかかりますが、計画通りに動き出してからは着実に、諦めずに発展していくことが多いでしょう。聡明で頭が良いですし、冷静沈着なので目立たない存在ではあります。しかし、着実に進歩していくので、いつの間にか相性の良し悪しに関係なく、集団の代表として一目置かれる存在になることもあります。丑年の強い力で、集団を引っ張っていくことも可能です。

干支の中でも柔軟性に欠ける所がある

何事にも12の干支の中で慎重に振る舞える丑年の性格は、リーダーとしての資質を備えています。しかし、計画を立てるあまりなかなか行動に移せずに、良いタイミングを逃すこともあるので、早めに決断をするようにしてください。また、人との付き合いにも自分の考えに固まり過ぎることがあり、干支の中で固定観念が強く柔軟性に欠ける部分が出てくることがあるでしょう。周囲の方についてのイメージが否定的な物になると、バイアス(=偏り)がかかってしまうことがあるため、敢えて相手の長所を見つけるようにしたり、色々な人がいると考え、悪い方に思わずに受け流したりことも大切です。

干支の中でも丑年は真面目な所があるため、規則や伝統を重んじる傾向が強くなりがちです。新しい考えや物事を積極的に取り入れるようにすると、人間関係で軋轢を起こしにくくなります。相性が悪いとか、価値観が違うと思われる人からの意見に聞く耳を持つと事態が好転することがあるので、こだわりを強く持ちすぎるのは禁物です。

他の干支との相性と関係性

丑年と共感し合える関係は、子年の干支の方です。一見正反対の性格に思えるかもしれませんが、着実に物事を行う丑年は子年の人に一目置かれ共感されます。足りない物を補い合える相性は、干支の巳年と酉年です。巳年の生まれの方はロマンチックな性格で、現実的な目を持つ丑年にあこがれの気持ちを持ちます。酉年はコミュニケーションを取るのが非常に上手で、人付き合いに苦手意識のある丑年生まれをサポートすることが可能です。

真逆の価値観や性格を持ち、相性が悪いのは未の干支です。また、邪魔をし合って目障りになりやすい干支は午年です。午年の干支の方は非常に明るく社交的ですが、エネルギッシュな性格に丑年が付いていけず負担を感じることがあるでしょう。丑年生まれにとって、相手のことをわかり合えず周囲にも軋轢を起こして悪い影響を与える干支は、未年と戌年です。双方ともわがままに感じたり、短所だけが非常に目についてケンカが絶えなかったり、ストレスを感じて疲れてしまいそうです。特に未の人とは真逆で相性自体が非常に悪いので、一緒にいない方が良いかもしれません。

長所と短所を考えて付き合おう

丑年の長所と短所をまとめましたが、仕事や親族との付き合いの場では相性の悪い方や嫌な方とは付き合わないということはできません。丑年の粘り強い慎重さを生かし、周囲の人に信頼されることをモットーとするのも大切です。しかし、長所は短所にも繋がるので、思い込みの強さや信念は大切にしながらも、他の人に対しての考え方や価値観を認めることも大事になるでしょう。

辛抱強く物事を達成でき、正義の味方で弱い人を助けようとする姿勢も賛同の目で見られることもあります。根本的には、行動に移すのは難しくても人間関係を大切に思っている所があります。長所を大切にしながら、人付き合いやこれからの指針に役立てることで道が開けてくるでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう