干支の中のひとつ辰年の特徴と他との相性は? - 干支 2018年12月1日 -

干支は中国から伝わったものだと言われていますが、日本にしっかりと根付いています。
干支をみると性格的な特徴や相性の良さまでわかります。辰の場合はどうなのかを見ていきましょう。

-AD-

辰年の人は夢は大きいが恋愛は苦手?

辰年の人の大きな特徴は常識にとらわれない考え方をすることで、先見の明があると言われていることです。そのことと関係しているのか大きな夢を持っている人が多く、夢に向かって毎日努力を続けることもできて、さらには夢をつかみ取る運も持ち合わせています。そのため、人生の中で成功という形で夢を実現させる人が多くいることが特徴です。

しかし恋愛に関しては興味が薄い人が多く、鈍感な一面もあります。ロマンチックな部分があるので恋愛に対するイメージは良いのですが、相手が自分のことを好きかどうかに気付きにくいという特徴があり、どんなに態度で示しても気付いてもらえず、はっきりと言葉で好きだと言われるまで気付かないこともあります。

辰年の長所は行動力に優れリーダーシップがあるところ

辰年の人の長所は行動力に優れているところで、他の人が行動にうつすまでに時間がかかっている間に自分はさっさと行動を初めて人の一歩も二歩も先を歩いているような行動力があります。エネルギッシュな性格を持っていることが多いので積極性もあり、物おじせずに新しいことにチャレンジしていけます。

さらに人に尽くすことに喜びを感じる性格なので、自分のことを後回しにしても他人の世話をしたりして、頼りにされていることもあります。おおらかさがあるために自分よりも他人のことを優先的に考えられる力を持っています。多くの人の中にいても存在感があり、頼りにされる性格のためリーダーに向いています。表裏がないというところも信用される一因でしょう。

短所はプライドが高いこと

辰年の人の短所はプライドが非常に高く、特に得意な事柄では上から目線な発言をしてしまいがちなところです。悪気はないのですが、相手によっては誤解されてしまうこともあるでしょう。器用なため、何でもやり始めるとすぐにある程度はできるようになってしまい、特別な泥苦をするという習慣がありません。

感情を表に出さない人が多いので、相手によってはどんな人かわからないという印象を持たれがちで近寄りがたいというイメージをもたれることもあります。また辰年は自戒といって自分の中にストレスを溜めこむタイプなのでストレスがかかりすぎると急に爆発してしまうこともあり、アルコール依存や胃腸のトラブルを起こしがちです。体調の変化には十分に注意しましょう。

辰年と他の干支の関係

干支の中には相性が良い干支とそうではないものがあると言われており、辰年と相性が良いとされている干支は子年で、三合と呼ばれる関係になります。子年は面倒見が良く辰年に寄り添ってくれる存在で頼りにできる間柄になります。他に寅年も距離感を大切にすれば相性が良いとされており、出会ってすぐに意気投合できるほど相性が良いとされている干支が午年です。

他に申年も性格は違いますが精神的な波長が似ているという特徴があるので相性が良く上手くいく間柄になれるでしょう。相性が悪い干支は丑年、卯年、辰年、戍年になり、頑張って付き合ってみても衝突が多くなったり、一緒にいることでお互いに疲労感を感じてしまうといったことが起こります。

干支の中での辰年の位置づけ

辰年の特徴は干支の中でも行動力があるタイプでリーダーにふさわしい積極性があります。表裏がないので多くの人に頼りにされますが、プライドが高過ぎて人を御傷つけてしまう可能性もあります。干支によってそれぞれに特徴があり相性が良い干支も悪い干支も存在します。

相性が悪い干支同士だとしてもそれぞれの特徴を知ることで上手にやっていけることも増えてくるでしょう。まずは自分の特徴を把握した上で、他の干支の特徴も知るようにして適切に対応できるようにしていけばトラブルを回避できます。自分のことよりも周りの人のことを考える力のある辰年の人ならば、周囲の人の特徴を把握して強力していくことも難しくないでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう