申年の特徴や他の干支との相性を検証する - 干支 2018年12月1日 -

干支には12種類ありますが、自分がそのうちのどれになるかで性格的な特徴や他の干支の中で相性が良いのはどれかを知ることができます。
申年の場合にはどうなっているのでしょうか。

-AD-

申年の人の特徴は楽しいことが大好きなところ

申年の人の特徴はとにかくいたずらや楽しいことが大好きなやんちゃさをもっていることです。人生は楽しむことが大切だと思っているところがあり、常に楽しさを基準にして物事を考えています。負けず嫌いで子供っぽい一面もありますが、つい許してしまうという憎めない魅力があることも特徴です。

人前に立つのが好きで目立ちたがり屋でもあります。そのため派手で目立つものが大好きで、多くの人の中で自分をいかにアピールするかということを常に意識しています。友だちは多く大人数で行動をすることを好みます。人見知りもせずに新しい環境でも順応性が良くすぐに人と仲良くなれます。恋愛においても積極的にアピールすることが得意です。

申年の人の長所は要領が良いこと

申年の人の長所は才能が豊富で色々な分野で活躍できる光る才能を身につけていることです。他の干支の人に比べて人のことをよく見ているので、その人がその時になにを考えているのかを一瞬で理解してなにを言えば良いかがわかってしまう才能を持っていることが特徴です。話し方も上手なので年上の人からも可愛がられて社会を上手にわたっていける要領の良さがあります。

話術に長けているので話しをする機会の多い仕事に向いており、自分に合った仕事につければトップの成績を収めることも夢ではありません。他の干支に比べてなにをやっても器用で好奇心旺盛、さらには行動力も伴っており、色々なことにチャレンジする毎日を過ごしています。すぐにコツをつかんで習得する技術も持っているので、練習を重ねれば高レベルの技術を習得できます。

申年の人の短所は忍耐力がないところ

申年の人の短所は何でも器用にこなせてしまうために、少しつまずくと途端に頑張れなくなることです。毎日コツコツと繰り返すようなことが苦手で持久力に欠けます。他にも飽きっぽさが目立ち、始めてはみたもののすぐに辞めてしまうということを繰り返すことが多くあります。忍耐力がないので耐えることも苦手で嫌なことがあると、すぐに逃げる方法を考えるようです。

また自分が器用なタイプなので上から目線で話してしまいがちで相手によってはそれを不快に思う人もいるようです。そういった相手と一緒にいる時には相手に不快な思いをさせてしまいがちで思いやりのある言葉をかけるのが苦手だという特徴があり、対人関係を円滑に進めるのが難しくなってきます。

申年と相性の良い干支と相性の悪い干支

申年の人と相性が良いとされている干支は、結婚相手としても理想的だと言われるほどの相性の良さを誇る子年と、気が合ってリラックスできる関係になれる辰年があります。未年とは心が通じやすく言葉を交わさなくても良い関係が築けるでしょう。同じ申年は気は合うのですがお互いに長所も短所もわかり過ぎて、一度トラブルが起こると激しく衝突してしまうこともあります。

相性があまり良くない干支は寅年、卯年、巳年、午年、亥年で、つい出てしまった軽はずみな発言が元になって大きな問題となってしまう可能性が高い相性です。相手がちょっとした発言に許せないという感情をもちやすかったり、刺激的な毎日を好まない場合には相性が悪いことが多いようです。

申年の人が他の干支の人とうまくやるには

申年の特徴はとにかく要領が良く何でも簡単にできてしまう性格だということです。そのため自分は人生を楽しめることが多いのですが、それが周りを振り回してしまうこともあり、一緒にいる相手に不快な思いを与えてしまうこともあります。そうなるとトラブルが起こってしまうので自分とは違った価値観の人がいると言う認識を持つことが大切です。

他の干支の中には初めて合う人とは上手く話せない人もいますし、大勢で集まることが苦手な人もいます。そういった他の干支の特徴を理解するようにすると他者への配慮ができるようになります。また相性の良い干支の人とも強い干支同士でぶつかってしまうことがあるので、そういった干支と一緒にいる時には自分が引くことも大切です。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう