幸運を呼ぶ手相で運気が最高 - 幸運 2019年1月1日 -

幸運の運気を呼ぶ手相というのはありますので、改めて自分の手を見て確かめてみるといいでしょう。
手相は自分でも見る事が出来ますので、占い師に確認してもらわなくても大丈夫です。

-AD-

幸運を呼ぶ手相で運気アップ

幸運を呼ぶ事が出来る手相が存在しますので、自分の手はどうなっているのかを見てみるのも面白いはずです。中には億万長者になれるような線もあれば、仕事で大成功できるような線もありますので、線によって意味しているものが違ってきます。

どんな幸運が自分にはあるのかがわかればこれからの人生がますます楽しみになりますし、自分に自信が持てるはずです。幸運の運気を呼び込むためには、自分にはどんな能力が隠されているのかを知り、その力をどう生かしていけばいいのかがわかれば幸運の運気はアップします。今までは気づかなかっただけでもこれから人生が変わってくる可能性はありますので、幸運を呼び寄せていきましょう。

強運と言われるますかけ線

あったらいいと言われている線の中には、ますかけ線と言われている手相があります。幸運を呼ぶ事で知られていますが、強運の持ち主とも言われています。生命線から始まり、横に一直線に伸びている線のことを指しています。戦国武将や会社を経営している人などにはますかけ線を持つ人がたくさんいます。

自分のもっている能力を生かして突き進むことによって、成功をする道が開けて行けます。それだけではなく、コミュニケーション能力も素晴らしいために、いい人間関係を成り立たせることが出来るので、仲間に恵まれるようになります。周囲の協力も得ながら成功をおさめて行けますので、素晴らしい幸運を呼び込む事が出来る一つといえるでしょう。

頭が良いとされるソロモンの輪

ソロモンの環がどこにあるかというと、人差し指の付け根に環になるように出来ている線ですが数千人に1人の割合でしかないので、かなり珍しいといえるでしょう。ソロモンの輪がある人は、特別に頭がいい人が多いですので、臨機応変に対応する能力に優れています。

トラブルなどにあったとしても、そこをどう乗り越えていけるかによって成功できるかが決まりますが、このタイプの人は持ち前の頭を使って難なく乗り越える能力があります。さらには洞察力にもたけているので、正しい判断を導く事も出来ます。ビジネスに関しては先見の明がなければいけませんが、このタイプの人はその部分でも問題がありません。どれだけ濃い線が出ているかによっても幸運を呼ぶ手相なのかが変わってきます。

最高の金運といわれる覇王線

お金の面に関して幸運を呼ぶのは、覇王線ですので運気は最高です。位置しているのは、手のひらの上の部分で、運命線と金運、財運が中央でまじわる線を指しています。まるで烏の足跡のようにも見えますので、手のひらにあればすぐにわかるでしょう。

強い金運の線ですので、この線持つ人には億万長者の人もたくさんいます。お金を生み出す才能を持つだけではなく、お金に好かれていますのでどんどんお金が寄ってくる状態です。これから起業をしたいと考えている人は、迷わず挑戦をしてみるといいでしょう。とり方によってはワンマンと思われてしまう事もありますが、自分の信念を貫くことによって成功を手にすることが出来るタイプです。

自分の手相をよく見てみる

自分に自信が持てていない人も、じっくり見てみる事によって、自分に自信が持てるようになればどんどん幸運の運気を呼び寄せることが出来るようになります。今までは自分にはそんな能力はないと思っていた人でも、手相によって自信が持てるようになればこれからいくらでも幸運が舞い込んでくるはずです。

最高の線がある場合には、人生に迷った時にも手相を信じて自分の信念を貫けば成功に近づく事も出来ますので、生きる上での参考にしてみるのもいいでしょう。どんな線があるか正しく見て判断をし、自分の隠れた才能を見つけ出すための、いいきっかけいしていみる事です。せっかくの才能を埋もれたままにするのはもったいないはずです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう