海外のお化け屋敷でおすすめのものとは - 幽霊の日 2018年7月26日 -

海外にも日本と同じくお化け屋敷が多くありおすすめのものも存在します。まず映画会社と提携されたアトラクションはそれなりに映画も知られ人気のようです。そして人体を切り裂いたり赤い血を見せる内容のものは恐怖の極致とも言えそうです。

-AD-

中には誓約書が必要になるほど過激なものも

海外のものは日本のものとは違い、その怖さから誓約書が必要になるほど過激なものもあります。おすすめのものは日本国内で体験できるものとはいえ中学生以下は入れないことになっていて参加者は体験を実験と称して実験前に監視官から通常では考えられないような指示を受けることになっています。つまり社会通念上リスクがありこれを了承した場合のみ誓約書を提出して入場できることになっています。リスクとはグロテスクな表現や恐怖に慄いたり嫌悪感を感じるもの、あるいは苦痛にも耐える必要があり過度なストレスが加えられるような内容があるということです。従って首や腰、脊椎等身体に疾患があったり心臓に異常があるとか血圧の上昇やパニック障害がある場合は指摘を受けることもあるようです。

海外のおすすめお化け屋敷

海外のおすすめのお化け屋敷といえばまず米国のテーマパークでおなじみのものが日本国内でも体験できます。多くは映画がヒットするとそれが取り上げられてアトラクションになるということも多いものですが、特殊効果に虫をテーマとしたものがあり人気でおすすめのようです。注意事項としては濃霧や煙が使われ、ストロボや水、暗闇や臭い、大きな音響、そして虫となっています。
入口から出口に至るまでには20分かかるものでウォークスルーのアトラクションに入ります。アトラクション内では本物の虫が登場します。衣類が破損しても一切の責任を負いかねるという注意書きになっていて濡れることは間違いないようです。そして水とかジェルとかも使われているようで20分間というのはお化け屋敷としては短いという意見もあるようです。

海外のおすすめのお化け屋敷で次のものは

海外のおすすめのお化け屋敷というとホラー映画を見てその影響を受けたとされるカップルが50万ドルで作った米国市場最悪のお化け屋敷というものもあります。このお化け屋敷は通常の通り抜けるものとは違い、拘束された状態から出発してその状況から脱出するというスタイルがとられています。
時間としては4時間から7時間ぐらいかり1時間について2人しか入れないことになっています。毎年テーマが変わるので同じ内容ではないために人気になっているようです。臓器を採取するためのクローン施設という設定になっていてこの部分は常に変わらないとされています。そして恐ろしいことにこの参加者の体に触れて来るものでこれに恐怖を覚える人も多いものですが危害が加えられることはなく安全なものとされています。

海外のおすすめのお化け屋敷でさらには

海外のおすすめのお化け屋敷ではニューヨークのユニークなホラー体験ができる施設があり全てのチケットはすでに売り切れています。
ここでは観客は誘拐された状況に置かれています。よって参加者は誰にも知られない状況にあります。目の前では他人が治療されるのを見ています。参加者はその人を助けることは奨励されますが本人には助けを求めることはできません。そして彼らが処分されると自分の番が回って来ます。パートナーは別の部屋に連れて行かれますが生きて帰るには、あるいは再会するには離れて逃げ去るしか方法がありません。拉致された人の設定で浸水もあり逃げる方法を見つけなければならないようになっています。

お化け屋敷のまとめ

海外には日本と同じように色々なお化け屋敷が多く存在しおすすめのものもいくつかサイトで紹介されています。それは映画制作会社とタイアップされたものや、ホラー映画を見てその影響を受けた人が作ったもの、その恐怖心を伝えたいが為に施設を作った人も存在します。
おすすめのものといっても海外のものは恐怖心はお国柄によっても違って来るもので、中には共通しているものも見られます。特に海外で興味を惹かれるものに人体を生きたままの姿で体の一部から切り裂いていったり臓器を取り出して実演して見せるものがあります。これは世界が広いといっても共通して恐怖心を覚えるものとなっています。たいていの場合赤い血に人は弱いものであることは確かのようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう