霊感チェック - 幽霊の日 2018年7月26日 -

特定の日には霊界の扉が開いて、幽霊という魂が現世をさまよう時があります。そのような日には、なるべく外に出ないで身を守るべきですが、霊感があれば危機をチェックして霊的な問題を回避できます。霊感とは「第六感に近い霊能力」を指します。

-AD-

直感と霊感の違いについて

頭の回転が速くて、感覚が鋭い人は霊感が強い可能性があります。五感である嗅覚、触覚、味覚、聴覚、視覚が強い場合、やり方次第で第六感に繋げる事ができます。第六感は霊感に近い機能ですが、インスピレーション(ひらめき)と密接な関係があります。その機能が幽霊を察知する力に繋がる様子が特徴的です。ひらめきはアイディアが瞬間的に過ぎる力ですが、それは守護霊からのメッセージの可能性がありますが、霊感による幽霊の察知も同じ守護霊からの指摘の場合があります。密接な関係はありますが、降りて来る情報と対象が違うだけです。ですから、幽霊がいると感じた場合は守護霊を介してインシピレーションや第六感が働いたという事にもなります。霊感と直感は似ていますが違います。

幽霊を察知する力

普段から社会の中で生活を送っている人は、経験を積んでいく事で霊感を強化しています。人間とは霊魂を持つ生命体ですから、誰にでも霊能力は備わっています。それが強いか弱いかの問題であり、具体的に数値を表せば、霊感が1%しか機能していない者もいれば、霊能力を100%発揮して生活している者も存在します。幽霊を霊感でチェックしたいなら、頭の中に瞬間的に幽霊の映像がいきなり過ぎるか、そうでないか判別すべきです。前者の様子が強い人は霊感が強いです。頭の中で想像した事が現実に起きやすい(未来感知)か、違うかで、霊能力が強力か微弱か判断する事も可能です。前者が目立つならばその人の霊力は高めです。霊的な力を持つ人は魂のレベルが明らかに一般の人とは違いますが、近くに幽霊がいるとその場から、なるべく離れようとします。

心理的に幽霊がいると感じる

霊感が強い人は見えなくとも、幽霊が側にいると嫌がります。寒気がして気味悪がる人は特に能力が強めと言えますが、古くて荒廃した元神社や寺院には必ず幽霊が存在します。霊感チェックしたいなら、そのような場所に足を踏み入れるのも一つのやり方です。あまり適したやり方ではないですが、行くならば魔よけや護付を着用すべきです。また、幽霊が付いて来ない様に身体を清めて塩を携帯して行けば、リスクを抑えられます。霊感チェックのポイントは、古い荒廃した神社や寺院に対して「拒否的な反応を示す」か否(いな)かです。チェックポイントとして、楽しみながら足を踏み入れ様とする人は好奇心が優先しますから、霊感は低めです。拒否して嫌がる人はそこに行ってはならないと霊感が反応しています。

日常生活

日常生活で霊感をチェックする方法は簡単です。一つは寒気がして行きたくない場所がある場合、それは幽霊がいると感じていますから、霊感が機能しています。幽霊がいる場所をチェックするのも簡単で、暗くて陰湿な空間がある所には必ずいます。幽霊は淀んだ場所や暗くて湿り気がある土地や空間を好みます。霊感が強い人は不浄な場所を基本的には嫌います。ですから「近づきたくない」と判断した場合は霊感チェックの基準として判断しても問題は無いです。そこに幽霊がいる可能性があると感知した時は霊感が働いたと捉える事もできます。ちなみに陰湿な属性を持つ幽霊は陽気な空間や光を嫌いますから、近寄ってきたと感じた場合は、光や塩を命中させるべきです。

霊感チェックの基準のまとめ

直感と霊感は似ていますが違います。密接な関係はありますが、インスピレーションは想像、霊感は霊的な存在を感知する力です。しかし、想像力の強い人は霊感が強い可能性はあります。霊感が強い人は想像力が強いです。どちらも守護霊を介して機能する事が多いです。霊感をチェックするには頭から瞬間的に幽霊の映像が頻繁に過ぎるか、そうでないかを比べる事もポイントです。陰のエネルギーを持つ霊は、暗くて湿り気がある土地や空間を好みますから、そのような場所に人が足を踏み入れた時、拒否的な反応を示すか、否か判断する事で霊感をチェック出来ます。寒気がすると感じやすい人は霊感が強く、暗い場所や不浄な空間を基本的には嫌う傾向があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう