建国記念日 2月11日

建国記念日の起源や語源、歴史、
また建国記念日に行われる行事など建国記念日に関することを解説。

-AD-

建国記念日

建国記念日はその名の通り、その国がつくられたことを記念する日であり、世界の多くの国で祝日として指定されていますが、その起源は国ごとに異なっています。
日本では2月11日が「建国記念の日」と定められていますが、これは1966(昭和41)年6月に、国会で国民の祝日に関する法律の改正案が成立した後すぐに公布された政令によって設けられたもので、翌年の1967(昭和42)年から正式に祝日となりました。現在では、日本の国民の祝日の中では唯一、政令によって指定されている祝日となっています。

日本における建国記念日は、1872年(明治5)年に制定された「紀元節」と呼ばれる祝日が由来となっています。この年は、太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ暦)への移行が行われましたが、同時期に日本を代表する歴史書である「日本書紀」に神武天皇が初代天皇として即位したと記載されている日を祝日にすることを決めました。神武天皇の即位日は紀元前660年1月1日で、これをグレゴリオ暦に直すと日付が2月11日となり、この日が1872年以降長らく祝日となっていました。

紀元節は第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の意向で1948(昭和23)年に廃止されましたが、紀元節を復活させる動きは日本が独立を回復した1951年頃からさかんになり、1950年代後半には当時の与党議員によって建国記念日の設置に関する法案として国会に提出され、議論されるようになりました。前述の通り、法案は1966年に成立しますが、それまでに法案提出と審議未了による廃案が9回繰り返されました。紀元節が建国記念の日として復活するまでには、15年以上にもわたる長い議論がありました。

建国記念の日の特徴として挙げられるのは、奉祝記念行事が全国各地で行われることです。特に参加人数が多く、大規模に行われるものとして有名なのが東京で行われるもので、明治神宮で記念式典が行われるほか、午前中には原宿の表参道周辺でマーチングバンドや神輿の担ぎ手など、約6000人が参加するパレードが行われます。このパレードでは同時並行してマーチングバンドを編成している大学の吹奏楽部によるコンテストも開催されます。東京以外で大きな神社がある地域でも、奉祝行事とあわせて様々なイベントが開催されるので、開催時期が近づいたらチェックするとよいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう