恋人の日 - 6/12 -

恋人の日の起源や語源、歴史、
また恋人の日に行われる行事など恋人の日に関することを解説。

-AD-

恋人の日の由来と日本で制定された理由

6月12日は恋人の日です。恋人の日が制定されたのは1988年、昭和63年6月12日に制定されました。全国額縁連合会が恋人の日のPRに取り組んだことが始まりで、恋人の日が制定された由来は聖アントニオが由来しています。ブラジルのイベントにも恋人の日があり、6月12日がブラジルでも恋人の日として制定されているため日本でも6月12日は恋人の日なのです。聖アントニオに由来する理由は縁結びの神様であるためです。ブラジルの恋人の日は恋人、家族や友人などと縁を深めるためにフレームに写真を入れて贈り合う日でもあり、写真を入れたフレームを贈り合うという由来から日本の全国額縁組合連合が着目して日本でも6月12日を恋人の日と制定して、恋人や家族、友人に写真を入れたフレームを贈り合う日となったのです。

恋人の日の由来は縁結びの神聖アントニオ

恋人の日の由来は、ブラジルの恋人の日です。ブラジルでは1952年、昭和27年にサンパウロ商業教会が縁結びの神様である聖アントニオが亡くなった前日である6月12日を恋人の日と定めたことが由来で、フォトフレームをその日に贈り合うのも縁結びの神が亡くなった日の前日ということが理由です。日本で恋人の日が制定された理由のひとつに、ブラジルでは年中行事として定着している恋人の日であることもあり、現在まで恋人、家族、友人がフレームだけではなく贈り物を交換して愛情や友情を深める日として今も続いてるイベントであることが理由のひとつとして考えられます。恋人の日の由来の理由となった聖アントニオはリスボンで貴族の子供として1195年に生まれ、修道会へ入り祝祭日の説教を任され愛を説くことを説教していたため縁結びの成人と言われている由来があります。

なぜ日本で制定されたのか

恋人の日はブラジル以外のポルトガル、イタリア、フランスなども一般的にお祝いされる日として知られており、ヨーロッパではバレンタインよりも盛大にお祝いされます。聖アントニオが由来の理由である恋人の日は恋人や家族間で愛を確かめ合う日、愛を深める日として日本でも制定されていますが、日本に紹介したのは全国額縁組合連合で、着目したのはブラジルで写真をフレームに入れて贈り合うという点で、日本でもフレームをプレゼントするということで広め始めたのです。日本ではバレンタインが恋人の日という印象が強いですが、ヨーロッパやブラジルでは6月12日が恋人の日としてプレゼントし合ったり、フレームをプレゼントする日としてお祝いされているのです。

恋人の日の過ごし方

日本では6月12日が恋人の日としてまだ広く知られていないところがあり、その理由にはバレンタインやクリスマスを恋人と過ごす日というイメージが強いことが理由のひとつとして考えることができます。全国額縁連合組合が日本で広めている写真をフレームに入れて贈り合うというのは日本人には馴染みがないですが、バレンタインでチョコレートを贈り合うということもステキですが、フレームに写真を入れて贈るということもステキなことです。6月12日に恋人同士で出かけて気に入ったフレームを購入したり、フレーム以外でもチョコレートなどちょっとしたプレゼントを用意して贈り合い愛を確かめ合うというのも素敵なことです。

恋人の日をステキに家族や恋人に愛を贈る

日本ではフレームに写真を入れて飾ったり贈るという習慣が殆どないため6月12日の恋人の日がなかなか知られない理由のひとつとして考えることができます。縁結びの神様である聖アントニオに由来する素敵な日であることは間違いなく、恋人だけではなく家族や友人と愛を深めるには良い日なので、日頃の感謝を伝える日として活用するのも良い方法です。フレームに写真を入れて贈り合うというヨーロッパ的なプレゼントもステキですが、少々恥ずかしいけど愛を伝えたいうことであればチョコレートやちょっとしたお菓子などをフレームのかわりに贈り合っても良いことです。日本ではバレンタインが恋人の日のように知られていますが、6月12日は家族、恋人、友人で愛を贈り合ってください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう