恋人との関係を深めるコツは「信じる気持ち」 - 恋人の日 6/12 -

恋人との関係に満足出来ず、より深めることを望んでいる人はたくさんいます。しかし、誰もがその希望を叶えられる訳ではないので、「具体的にどのような方法が有効なのか」を知っておくことが大切です。

-AD-

恋人との関係を深めるための3つのポイント

恋人との関係を深めるために必要なことは、「相手の良いところを再確認する」「悪いところを評価し直す」「自分の気持ちを素直に伝える」の3点です。家族や親友との関係において無意識に実践しているこれらの行動を、意識的に行うことによって強制的に関係を良くすることができます。
以下でそれぞれに関する詳細を説明していきますが、いずれのポイントに関しても中途半端にしてしまうのではなく、徹底的に検討していくことが大切です。その結果、どのような結果になったとしても恋人のことを受け入れることができるような精神状態になっている様ならば、将来的にしっかりとした関係を構築してゴールインできる期待も高くなります。

まずは「恋人の良いところ」に注目する

恋人との関係を深めるためには、何よりも「相手にも同じ気持ちを持ってもらう」ということが必要です。例えば、彼氏が彼女と関係を深めることを望んでいたとしても、彼女の方がそれを望んでいなければ関係を深めることは困難です。恋人同士という状況にあぐらをかいて横着してしまうのではなく、むしろ一定の関係が出来ているからこそ深めるための努力を惜しまないような気持が必要です。そこで、まず最初に「恋人の良いところを再認識する」ということを意識的に行っていきます。恋人と付き合っている年月によって感じ方が色々と変わっているでしょうが、「恋人のどこがよいと感じるのか」をもう一度確認しておくと関係を深めることがしやすくなります。

次に「恋人の悪いところ」を注目する

恋人の良いところを再認識することができたら、次は「恋人の悪いところ」を見ていきます。恋人関係になってからしばらくの間は、「あばたもえくぼ」になっていることも多いので悪いところですら良いと感じてしまいます。ところが、一定の時間が経って相手のことがよく見えるようになってくると、それまでは良いと感じていた部分が悪いと感じる様に変化することもあります。ここにいち早く気付いておくことがポイントです。

自分の気持ちや考えははっきりと伝えること

例えば、仲の良い友人(親友)との間に気を遣う瞬間が無い訳ではないでしょうが、少なくともほとんどの状況では「自分の気持ちをはっきりと伝えられる状態」です。関係を深める上で大切なことがこの部分で、相手に対して自分の素直な気持ちや意見を伝えることができるかどうかが重要になります。恋人であれば、良いと感じるものも悪いと感じるものも共有することが関係を深めるためのカギになります。恋人だからこそ気を使って我慢をするという状況では関係を深めることはできず、最終的に破局という結果になる可能性が高くなってしまいます。「夫婦」が互いのことを尊重しつつも意見を伝える関係であることからも分かるように、理想的な状態に近づける努力が必要です。

「あばたもえくぼ」でないことが重要

以上、「恋人との関係を深めるために必要なこと」を紹介してきましたが、これらは多くの状況で自然にできていることでもあります。説明の中にも出したように、家族や親友などの非常に近い関係にある人相手であれば難無くできてしまっていることです。しかし、相手が「恋人」という特別な存在になってしまうと、様々な不安を感じやすくなってしまい、結果的に「中途半端な対応」をしてしまいやすくなります。そして、最終的に「分かり合えない」などという安直な理由で破局を迎えることになる訳です。要するに、その状態になることを避けるためのアプローチをすることが関係を深めることになる為、少しだけ逆行した考え方を持つことが必要になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう