美容におすすめのお酒について - 愛酒の日 2018年8月24日 -

今日は、著名な歌人である若山牧水の誕生日です。若山牧水がお酒を愛していたことから「愛酒の日」となりました。お酒の中には美容効果を高めるものもあるので、綺麗になりたい女性におすすめします。

-AD-

良いお酒と美容効果の関係性

お酒ははるか昔から世界各地で親しまれてきました。お酒を適度に飲むことは健康にも良いとされ、その効能としては、食欲が増進する効果、ストレスを和らげる効果、人間関係をスムーズにする効果などが挙げられます。飲み方に注意すれば、美容に良いといえます。お酒には女性の美容効果を高める成分が豊富に含まれています。お酒のなかでも特に、ビタミンやミネラルが含まれているワインや日本酒、梅酒などの醸造されたお酒がおすすめです。また、髪に良いとされるものが、お酒の苦味や風味づけとして使われているホップです。このホップを多用しているビールが髪に良い美容効果をもたらします。美容効果におすすめのお酒を選んで美肌を手に入れることも可能です。

美容効果のあるお酒とは~その1~

お酒だからといって、全てが美容効果があるわけではなく、何を選ぶかが重要です。飲み会では乾杯の際、ビールを頼まれる方が多いです。ビールはのどごしも良く、ついつい量を飲んでしまいがちなのですが、高カロリーです。そこで、ビールの代わりにおすすめなのがハイボールです。ウイスキーをソーダで割ったものなのですが、ウイスキーはビールに比べて低カロリーで半分ほどしかありませんし、ポリフェノールの効果でシミ防止や美白効果も期待出来ます。アルコール度数も6~8%ほどです。ハイボールは割り方も豊富で、女性も楽しめます。最近ではジンジャーエールで割ったジンジャーハイボールや、梅ソーダハイボールなど飲み方が色々と増えています。

美容効果のあるお酒とは~その2~

甘いカクテルは女性に人気ですが、美容のことを考えるならワインがおすすめです。甘いカクテルは美味しいのですが、カロリーも高くなってしまいます。1杯100kcal以上あり、定番であるカシスオレンジは200kcalほどあります。ワインはカクテルに比べ、1杯73kcalとカロリーも低く、ワインに含まれるポリフェノールはお肌に良い影響をもたらします。ポリフェノールは抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防止して、シミ、シワ、たるみからお肌を守ります。細胞が元気に活動することで、皮脂のバランスも良くなり、乾燥肌の防止にもなります。また、殺菌作用もあり、ニキビ、肌荒れも防いでくれます。

おすすめの飲み方

ビールは高カロリーのため、あまりおすすめ出来ませんが、先ほども申し上げたハイボールやワインは美容効果も高いのでおすすめです。ワインは苦味があるので苦手という方には、ワインにフルーツが漬け込まれたサングリアが飲みやすいです。フルーティな香りと甘みで飲みやすく、お酒なのですが見た目もフルーツが彩られていたり可愛いものも多いです。フルーツのビタミンも摂ることが出来ておすすめです。ビタミンCはアルコール分解作用もあります。そして、強いお酒が好き、お酒を飲むなら酔いたいという方におすすめしたいのが日本酒です。米麹での美白効果、体温を暖める血行をよくする効果も期待できます。アミノ酸が含まれているので、肌の保湿力を高め、もっちり肌へと導きます。

お酒を健康的に飲むには

お酒というとアルコールが高くて健康にも悪いんじゃないかと思われたりもしますが、飲むお酒の種類や飲み方によっては美容効果も期待出来ます。ウイスキーでもストレートで飲むより、ソーダや水で割ったりと健康面にも気遣って飲むことが大事です。お酒を飲むときは食べながら飲むことや、チェイサーと共に楽しむこともおすすめです。なんといっても、飲みすぎには注意しなければなりません。二日酔いにならないためにも適量を守って飲酒することも重要です。楽しいお酒の場にするのは飲む人次第です。アルコールは百害あって一利なしと捉える人も多い傾向にありますが、適度に飲むことによって、どんな良薬より健康に良い影響を与えてくれます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう