自分のお酒の強さをチェックしよう - 愛酒の日 2018年8月24日 -

お酒の強さに関しては事前にパッチテストなどでチェックする事ができるようになっているので、事前に飲める量をはかることができます。また弱いと分かった場合でも強くする方法があるので、楽しく飲めるように鍛える事も必要です。

-AD-

お酒の強さは事前にチェックできる

お酒の強さは遺伝すると言われていますが、そもそもお酒に強いのかどうかは実際に飲んでみないと分からないという部分があります。多くの人が分からないままにお酒を飲んでしまい、その席で失敗してしまうということも珍しい事ではありません。

ですがもしも事前に自分がお酒に強いのかどうかチェックする事ができれば、事前にどの程度まで飲む事ができるのか把握する事ができるのでお酒の席での失敗を予防することが出来るようになります。

また、お酒に強いかどうかをチェックしておく事によって自衛の手段を講じる事もできるようになるので、これからお酒を飲む機会が増えてくる・飲むことになると言う新社会人などは事前にチェックする事がおすすめされています。

お酒の強さのチェック方法とは?

ではどのようにしてお酒の強さをチェックするのかと言うと、実はいくつかの方法があります。確実性の高いのは市販されている検査キットを使用するというものですが、もっと手軽に強さを判別する方法として知られているのが「パッチテスト」です。

パッチテストとは塗り薬などにアレルギーがあるかどうかをチェックするテストの事で、医療機関などで用いられている方法なのですがお酒の強さをチェックする際には自宅でも簡単にテストをする事ができるようになっています。

方法は薬剤のついてないガーゼ付きの絆創膏などに消毒用のアルコールを数滴しみこませて、それを腕の内側に貼り付けます。そうして7分ほど置いてから剥がして、貼っていた部分の肌をチェックすると言う内容になっています。

強さチェックの結果による判定

ではパッチテストの結果からどのように判断するのかと言うと、まずお酒に強い人の場合は貼り付けていた肌の部分には特に何の変化もありません。そこまで強いわけではないけれども特に問題ないという人の場合は、多少貼っていた部分が赤くなっているという事もあります。ですが、貼っていた部分がすぐに赤くなっていたり、少ししてから赤くなってしまったと言う人の場合はお酒に弱いと判断する事ができます。

ただしあくまでもこの結果は目安程度の判定になるので、結果に納得できない人やもっと正確に強さを判定したいと言う人の場合は検査キットを利用する事がおすすめされています。また最近では爪などでもチェックできる遺伝子分析キットと言うものもあるようです。

お酒に強くなるためには

お酒の強さを高めたいと言う場合はいくつか方法があり、例えば飲み会の席ですぐに出来る方法としては胃に何か食べ物を入れてから飲むなどアルコールの吸収を遅くするなどの対処法があります。そしてお酒と一緒に水を飲むことでアルコールを薄めると言う方法もあります。

また普段から出来る方法としては定期的に断食をして肝機能を高めると言う方法もありますし、全くお酒を飲む習慣がないという人は1日に1杯だけでも良いのでお酒を飲む機会を増やす事によって体を慣らすと言う事も大切な方法です。

ほかにも自分が悪酔いしない・飲みやすいお酒を探したり、万が一酔ってしまった時の酔い覚ましの方法を見つけておくなど自分なりの対処法を身につけておくということで徐々に強くなると言われています。

お酒の強さに関するまとめ

社会人になってくるとお酒を飲む機会というのも増えてくるため、どうしてもある程度のお酒の強さと言うものが求められてくるようになります。体質によって飲めないという場合もありますが、ある程度飲めるようにしておくことによって場の雰囲気を壊さずになじむ事ができるというメリットもあるのです。

だからと言って無理に強くなる必要はないのですが、やはりお酒が飲めるかどうかというところは上司との付き合いにも影響しますし、何より飲めないよりもメリットが多いという魅力があります。そのためある程度はお酒に強くなっておくことがおすすめですし、その上でお酒そのものやお酒の席を楽しめるようになるということが大切になっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう