男性におすすめの自分に合うお酒 - 愛酒の日 2018年8月24日 -

お酒の強弱を知ることが大切です。弱い方には度数が低く、飲みやすいものがおすすめでしょう。強い方には度数の高いものがおすすめです。男性がウィスキーやビールを飲めばかっこよく見えます。

-AD-

お酒に強いか弱いかということは重要

お酒を飲むときに重要なポイントはお酒に強いのか、それともお酒に弱いのかという部分です。お酒に強い人であれば度数の高いものを飲んでいても平気かもしれませんが、お酒の弱い人には美味しくないものに感じてしまう場合があります。お酒の量についても同じです。お酒に弱ければ何杯も飲み続けるのは苦しいでしょう。

楽しいお酒を飲みたいのであれば自分のお酒に対する強弱を把握しておきましょう。自分の強弱に合ったお酒を飲むことで、楽しくお酒が飲めて心地よい時間を過ごすことができます。男性の場合はかっこいいお酒についても知っておくと良いでしょう。女性とお酒を飲みに行く際にかっこいいお酒の飲み方ができれば好感度アップが期待できます。

強い男性におすすめするのは度数の高いもの

お酒に強い男性が飲むべきお酒は度数の高いものでしょう。度数の高いお酒を飲むことで、お酒に強い男性でも心地よい気分を味わうことができます。飲み方はショットで飲むのが良いです。度数の高いものの味がストレートに味わえるので、お酒を飲んでいる感覚が強く残ります。度数の高いもので定番と言えるのはテキーラやウォッカでしょう。テキーラは40度前後、ウォッカは50度前後のものが多く売り出されています。ジントニックやジンライムのもととなるジンをストレートで飲むのも強い男性におすすめします。ジンはクセが少ないので、飲みやすく口当たりも良いです。ショットで飲むのは勇気がいるという方にはロックで飲むのもおすすめです。

弱い男性は飲みやすいものがおすすめ

お酒に弱い男性には度数の低いものや飲みやすいものがおすすめです。ジュースやお茶、炭酸などで割っているものは度数が低く、飲みやすく作られていることが多いでしょう。炭酸系の飲み物が好きという人にはサワー系のお酒がおすすめです。炭酸系は炭酸の成分が強すぎると酔いやすくなりますが、サワー系に関しては炭酸が強すぎないので程よい酔い方ができます。スッキリした味わいを得られるのでしょう。炭酸が苦手という人にはチューハイ系がおすすめです。チューハイはアルコール度数が低いものが多い傾向にあります。焼酎をジュースやお茶で割っているので、炭酸が苦手な人でも飲みやすいでしょう。ウーロンハイや緑茶ハイは注文の際に薄めで出してもらうように言えば飲みやすくなります。

かっこいいお酒でモテる男性になろう

かっこいいお酒を飲めれば女性からモテるような男性になれるかもしれません。男性が飲んでいてかっこいいと思ってもらいやすいお酒はウィスキーでしょう。ウィスキーを飲む男性には色っぽい雰囲気が漂います。お店で飲む際にはロックで飲むようにすれば大人のかっこいい男性に見えるでしょう。居酒屋で飲むことが多い人にはビールがおすすめです。ビールは飲み会やパーティーで飲むことが多いお酒なので、かっこいい飲み方ができれば人気がアップします。ビールを飲むときには、少しずつ飲むよりも一口を多めに飲む方がかっこいい飲みっぷりになるでしょう。かっこいい雰囲気と知的な雰囲気を合わせてアピールしたい場合にはワインもおすすめです。

お酒は楽しく飲むことが大事

お酒の強弱には個人差があります。弱い場合には無理して強いお酒を飲む必要はありません。お酒の強弱がかっこいい飲み方に影響するわけではないからです。自分のお酒に対する強さを知った上で楽しくお酒を飲める人が良いお酒の飲み方を知っていると言えるでしょう。自分が一緒にお酒を飲む人の強さも把握していれば、よりスマートな対応が行えます。スマートな対応ができれば自分も相手も楽しいお酒を飲むことができるでしょう。それぞれが自分のペースで飲めるような環境が大事です。お酒を飲むときにお酒のマナーを心掛けることをおすすめします。マナーを守りながらお酒を飲めば、その行動がかっこいいものになっていきます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう