日本国憲法の施工日にあたる憲法記念日 - 憲法記念日 2018年5月3日 -

-AD-

5月3日を施工日とした憲法記念日

憲法記念日は国民の祝日の一つで5月3日のゴールデンウィーク中の休日の一つです。日本国憲法を記念し国の成長を期する日として昭和23年に「国民の祝日に関する法律」によって定められました。

日本国憲法が公布されたのは昭和21年11月3日ですが、その施工日は昭和22年5月3日でこの日が憲法記念日とされています。この日の前後には昭和の日やみどりの日、こどもの日や国民の祝日が続くため、この日を中心に大型連休となり現在では行楽シーズンのただ中となっています。日本国憲法の前文には恒久の平和を念願と始まり、国民主権と基本的人権の尊重、平和主義の三つの柱が示されています。

平和を願うというと終戦記念日ばかりがクローズアップされますが、憲法記念日もまた平和を願う憲法が施行された記念日となっています。

日本国憲法の施行を記念した憲法記念日

憲法記念日は現行の日本国憲法の施行を記念した祝日で、ゴールデンウィークのただ中の日となっています。ゴールデンウィークというと5月初めのさわやかな気候も相まって旅行や人気のテーマパークの話題で持ちきりになりますが、日本国憲法の前文には平和のうちに生存する権利について言及されているように、平和への願いがこめられた日でもあります。

また前文には国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を三つの柱としていて、更に第9条においては戦争の放棄について明記されている事は有名です。第二次大戦後、ポツダム宣言を受託し連合国の支配家にあった日本は大日本帝国憲法の改正を余儀なくされる事となりました。しかしながらその民主主義、人権保障、平和主義により日本は戦後の復興を遂げ、平和を維持し今に至ります。

憲法記念日に行われる博多どんたく

博多どんたくとは5月3日と4日に福岡市内で行われる日本最大級のお祭りで、地域の人をはじめ全国や海外から踊りの更新やマーチングバンドなど様々なイベントが行われます。博多どんたくの起源はお正月に行われる松囃子でしたが明治維新の際に一時期中断されたものの明治12年には博多どんたくの名で再開されました。

第二次大戦中には再び中断されてしまいますが、戦後の昭和21年5月に再び復活しました。昭和24年には大日本帝国憲法に取って代わった日本国憲法の誕生を祝い、博多どんたくは5月3日と4日を開催日としています。博多どんたくではパレードの他にも人気キャラクターなどをあしらいライトアップされた花自動車やしゃもじを持って見物人も含めて皆で踊る事、伝統的な松囃子も行われるなど様々なイベントが一つのお祭りで行われます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう