新憲法が施行された日、憲法記念日って? - 憲法記念日 2018年5月3日 -

-AD-

憲法記念日とは何か?

日本は、太平洋戦争での敗戦から、GHQの指導によって軍国主義から平和主義へ国の方針を転換しました。
その過程で新憲法、つまり「日本国憲法」が制定され1946年11月3日に公布、1947年5月3日に施行されました。
憲法記念日は、この5月3日の日本国憲法の施行日を記念したものになります。
実は憲法記念日が国民の祝日になったのは、翌年の1948年に「祝日法」が施行されてからのことです。
この新憲法の公布日についてはいろいろと議論があったようです。
キリよく11月1日を公布日にしようとしたようなのですが、施行日が半年後になるので5月1日になるとメーデーになってしまい、新憲法の施行日としては微妙な日にちですね。
施行日を少しずらして5月5日にすれば節句の日で覚えやすいけれど、男の子の日に男女平等の新憲法はふさわしくありません。
この議論の末、公布日が決まったそうです。

日本国憲法とはどのようなもの?

日本国憲法とは、前文と、11章103条ある本文から成り立っています。
一般的にこの憲法の柱とされているのが「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の3つです。
「国民主権」というのは、国の意思決定をする権利は、天皇や議会などではなく国民にあるということ。
「基本的人権の尊重」というのは、人間が人間らしく生きるために生まれながらにして持っている権利を、永久に保障するということ。
「平和主義」というのは、外国と争いが起きようとも戦争や軍事力や暴力を否定し、平和的に解決するということが書かれています。
その他にも、天皇には政治的な権力はなく、あくまで国の象徴とするということや、内閣・国会・裁判所の三権分立についてなども定められています。
「平和主義」に基づいている憲法9条については、しばしば討論の的になっていますね。

憲法の改正をするには?

憲法改正とは、憲法の条文を修正・追加・削除することであり、改憲とも言います。
きちんとした改正手続きを定めることによって革命やクーデターといった非合法な憲法の改正を防ぐための目的があり、改正手続きがあれば重要な政治体制の変革がすべて憲法改正の形で合法的に行えるということです。
この日本国憲法は、なんと施行されてから70年もの間1度も改正されたことがありません。
他の法律とは違い、憲法の改正をするには総議員の3分の2以上が賛成し、さらに国民投票で過半数の賛成が必要になりますので、難しいようですね。
この憲法改正には「いかなる憲法にも基本原理があり、改正手続きに基づく改正としては基本原理を超える改正はできない」という限界説。
「憲法の定める手続きによればいかなる改正でも可能である」とする無限界説があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう