憲法記念日(Constitution Memorial Day) - 憲法記念日 2018年5月3日 -

-AD-

憲法記念日(Constitution Memorial Day)

5月3日の憲法記念日は国民の祝日の一つです。国民の祝日に関する法律では、憲法記念日の定義を「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」としています。
日本国憲法は1946年11月3日に公布、1947年5月3日に施行されました。施行の日、皇居前広場にて政府主催の「日本国憲法施行記念式典」が行われ、午後には帝国劇場で「新憲法記念祝賀会」が開かれました。
日本国憲法の制定を記念して、1948年に公布・施行された国民の祝日に関する法律において、施行日である5月3日が憲法記念日とされました。施行日が新しい日本の出発として相応しいと考えられたようです。

施行日については5月1日や5月5日なども候補とされましたが、メーデーや端午の節句と重ならないように5月3日が選ばれたといいます。
また当時、憲法記念日を巡っては、記念日を日本国憲法が公布された11月3日とするか、施行された5月3日とするかで議論が分かれました。衆議院では施行日の5月3日、参議院では公布日の11月3日とする意見が多かったのですが、参議院は先に審議した衆議院の意向を尊重し、5月3日が憲法記念日とされました。
なお、日本国憲法の公布日の11月3日は文化の日と制定されています。

憲法記念日の5月3日は、5月4日のみどりの日、5月5日のこどもの日と合わせてゴールデンウィークの一角を構成する祝日となっています。国民の祝日として制定された当時は新憲法に対する国民の思いの強さから、子どもの名前に「憲」の字が使われるなど、国民全体でお祝いされたようです。
現在では、ゴールデンウェークの中の祝日で関心が薄れている部分もありますが、学校によっては憲法記念日が近づくと、憲法が授業に取り上げられることもあるようです。

近年、憲法9条や24条など憲法改正議論が高まっていることもあり、日本各地で護憲派・改憲派により憲法について議論する集会などが開かれています。2016年は夏の参議院選挙前ということもあって、さまざまな集会やデモが行われるなどして全国的に盛り上がりました。
2017年は憲法施行から70年の記念の年です。「憲法とは何か」と考えたり、戦後の再出発を象徴する日本国憲法について思いを巡らせてみてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう