救急の日 9月9日

救急の日の起源や語源、歴史、
また救急の日に行われる行事など救急の日に関することを解説。

-AD-

救急の日とは

救急の日は1982年に厚生労働省が定めた、国民全体で医療への理解や認識を深めることを目的とした日です。祝日や祭日扱いではないものの、この日が制定されてから救急医療関係者の意識を高める運動も積極的に行われるようになりました。
そして9月9日という9並びの日に、その語呂合わせから救急を連想させるといった理由で名前と月日が決まりました。日本では何かとこうした言葉の響きで特別な日を決めることも多いため、親しみやすいと感じる人が多いのではという狙いもありこの語源となっています。

由来としては救急の日制定以前から、国民の間で通常医療と救急医療との線引きを上手く理解できないという声がありました。ですのでそれをより明確に把握してもらうキッカケにもなるだろうと、生み出された経緯があります。
実際その由来に応えるかのように、制定から現在まで救急医療の現場でも特別な日として認められています。あれから救急医療の現場の更なる活躍が国民の耳にも届くようになり、今現在も順調に救急の日の認知度は拡大しています。

実は救急の日は制定から数年間、ほとんど一般社会で浸透することはありませんでした。しかし1990年以降日本のテレビ番組で救急医療の現場を取り上げることが増え、それから徐々に取り組みも盛んになっていきました。
特に影響が大きかったのは、医療ドラマやドキュメンタリーの存在です。それまであまりスポットライトの当たることがなかった救急医療ではありましたが、メディアの力も借りて沢山の人の目に触れるようになりました。流れに比例するように、救急の日も右肩上がりで盛んになっています。

近年では、救急の日に様々なイベントが開催されることも目立ってきています。たとえば特徴的なのは、全国的に行われている救急医療に関する講演会です。国民の理解や認識を深めることが大きな目的ですから、その助けとなるような催しは9月9日に一斉に行われています。
救急の日を含む1週間は救急医療週間としても定められていますので、学校や会社でも独自に応急手当や防災の訓練を行うことがあります。今や1年間の中で最も、健康や怪我、災害などへの意識を高める日となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう