敬老の日 - 2017年9月18日(9月第3月曜日) -

敬老の日の起源や語源、歴史、
また敬老の日に行われる行事など敬老の日に関することを解説。

-AD-

敬老の日の一番古い起源

日本では毎年9月の第3月曜日は敬老の日として、国民の祝日となっています。毎年、この日には日本各地で高齢者が参加できるようなイベントが開かれています。

そもそも日本で敬老の日が始められたのは、戦後まもない1947年にまでさかのぼります。もともとこの日を高齢者のための日としたのは、国ではなくて関西の一地方自治体でした。兵庫県多可郡の野間谷村で当時村長を当時務めていた人物と、村役場の職員が1947年に提案した「としよりの日」が、現在の敬老の日の最も古い起源だと言われています。

野間谷村では毎年9月15日をとしよりの日と定めることによって、高齢者を大切にする社会と、高齢者と若い人が共に協力しあって生活する社会を作ろうとしました。もともとこの地域ではこの日に敬老会を開催されていたことも、この日が選ばれた理由のひとつです。

高齢者の日の広がりについて

兵庫県の野間谷村で始められたこうした行事は、その後より広い地域で行なわれるようになりました。1950年からは兵庫県全体で9月15日を高齢者のための日として祝うようになりました。

こうした運動はさらに全国的に広がっていって、1951年には中央社会福祉協議会という団体が、毎年9月15日をとしよりの日と定めました。また同時に9月15日から9月21日までの一週間をそのための活動週間とすることにしました。このような9月15日を高齢者のための日とする動きは、やがて国によっても行なわれるようになります。

1963年に制定された老人福祉法という法律では、毎年9月15日を老人の日として定めています。同時に9月15日から9月21日までの期間を老人週間と定めました。

祝日としての敬老の日の制定

9月15日を老人の日として定めた老人福祉法は、1964年から施行されたのですが、この時点ではまだこの日は単なる記念日であり、祝日ではありませんでした。9月15日が国民の祝日となったのは、1966年からです。

この年に国民の祝日に関する法律が改正されて、新しい国民の祝日として新たに9月15日が敬老の日として定められるようになりました。その後毎年9月15日に敬老の日は祝われていたのですが、2001年に国民の祝日に関する法律が改正されて、月曜日に休日を設けて三連休が意図的に作られるようになりました。このために、敬老の日も従来の9月15日から、9月の第3月曜日に改められて、現在まで続いています。

この改正は2003年から施行されましたが、2003年の敬老の日は偶然9月15日でした。

聖徳太子と敬老の日の由来

9月の第3月曜日は、老人を敬い長寿を祝う敬老の日です。この敬老の日はなぜ9月の中旬と決められたのでしょうか。これには元正天皇と養老の滝の話、聖徳太子にまつわる話、そして現代の具体的な話と、3つの由来が存在しています。

聖徳太子は7つの大きなお寺を建立しましたが、その一つに四天王寺があります。本尊は久世観音菩薩。宗派にこだわらない和宗の総本山です。聖徳太子はこの四天王寺に四箇院という4つの施設を造ったと伝えられています。寺院である敬田院、薬を施す施薬院、病院の療病院、そして社会福祉施設の悲田院です。悲田院は孤児院や老人ホームを合わせたような施設ですが、仏教の慈悲の精神にのっとって、その後様々な人々により各地に設置されました。四天王寺の悲田院が造られたのが、9月15日だったという伝承が残されています。

養老の滝と元正天皇の話

岐阜県養老郡養老町にある養老の滝には、古い伝説が残っています。鎌倉時代に書かれた古今著聞集という書物に書かれた、ある親孝行のきこりの物語です。山でとった薪を売って年老いた父を養う木こりは、ある日山で足を滑らせ意識を失います。

気が付くとかぐわしい酒の香りがして、その香りが近くの滝のものだと気がついたきこりは、その水を汲んでお酒が好きな父に飲ませました。大喜びの父は、白髪が黒くなりしわもなくなり、たいへん若返ります。噂は奈良の都までとどき、時の元正天皇は、神様がきこりの親を想う心をおほめになったのだと感心し、自ら養老の滝へ行幸なさいました。

若返りの水であることを実感した天皇は年号を養老と改め、80才以上の老人に位一階をお与えになりましたが、この元正天皇の行幸が、9月の中旬だったと伝えられています。

現在の敬老の日の直接的な由来とは

現在の9月中旬の敬老の日が生まれたのは、1947年、兵庫県多可郡野間谷村とされています。当時の村長さんが、お年寄りを大事にして、その知恵を借りた村づくりをしようと、「としよりの日」を提唱しました。日にちは、農閑期で晴れた日の多い9月15日と決められ、地元では毎年敬老会が開かれました。

その後「としよりの日」は兵庫県のみならず全国に広まり、子供の日や成人の日と同じように国民の祝日にしようとする運動が起きます。こうして、1963年に老人福祉法が制定されると、9月15日を老人の日、その後1週間を老人週間と定められました。そして1966年には国民の祝日として「敬老の日」が設けられることとなりました。日本にしかない祝日でしたが、2013年には中国で、菊の節句の重陽の日である9月9日が、高齢者の日と定められました。

敬老の日と聖徳太子について

十七条憲法などで有名な聖徳太子ですが、大阪に四天王寺建立の際に四箇院の制というのを取っています。現代で言う寺院と薬局・病院・老人ホームのような施設四つをまとめて運営しようという制度なのですが、この中で老人ホームであり孤児院である、身寄りのないお年寄り・子供のための施設・悲田院を建立した日付9月15日にちなんでこの日が選ばれたといわれています。

ただ、これを語源とするのは単なる俗説であり、きちんとした根拠がある話とは言い切れません。ちなみに1965年に国民の祝日となりましたが、その前に1947年にとしよりの日が発足され、1963年には老人の日に、そして敬老の日となりました。表現のイメージの悪さから何度も名称が変化して現在の形となっているのです。

敬老の日と養老の滝説

俗説としては養老の滝説というのもあります。こちらは美濃国に住む酒好きの老人とその息子のお話がもとになっています。孝行者の息子は父親に大好きなお酒を飲ませてやりたかったものの貧乏でそれが出来ずにいました。するとそれを不憫に思ったのか天の神様がお酒の湧き出る場所を教えてやったというのです。

時の天皇、元生天皇がその話を聞いて自らその地を訪れようと旅立ったのが9月15日だと言うのです。現在もその場所は養老の滝という名で知られています。もちろん、こちらも俗説であり定かではありません。ただ、どちらもお年寄りを敬うことを目的とされ、同じ9月15日だったのです。

しかし敬老の日の元となるとしよりの日は違った理由でこの日づけが制定されたのです。提唱したのは兵庫県の村長と助役です。

敬老の日と兵庫県野間谷村

昭和22年、野間谷村の村長と助役がとしよりの日を提唱しました。老人を大切にするとともに、その知恵を借りて村づくりをしようという趣旨の元生まれたのです。9月15日は1年のうちでも気候がよく、さらに農閑期に当たるため敬老会を開くのに最適だったことからこの日がとしよりの日と定められました。更には表現方法の不適切さから少しずつ名前を変えて、今では国民の祝日の一つとまでなったのです。現在は9月の第3月曜日となり、それを反対する声から9月15日を含む1週間を老人習慣とされています。

日頃の感謝を電話で伝えたり、孫を連れて会いに行ってもいいでしょう。一応還暦の60歳を迎えたら老人の区分としたり、孫が生まれたらといった区切りでお祝いを始めるものの、現代の60代はまだまだ現役で大活躍されています。

敬老の日の起源は古い

敬老の日といえば、長い年月社会貢献を続けてきたお年寄りに対して敬意を持ち、その功績と健康を祝おうという行事の一つです。現代の制度は1947年に兵庫県のとある村で最初に取り入れられましたが、9月15日を敬老の日と定めたのは更に古い歴史があるとされています。

遥か昔の593年、聖徳太子が大坂に四天王寺を建てた際に、四箇院というものも同時に設立しました。この四箇院の中に悲田院というものがあり、これが身寄りのないお年寄りを集めてお世話をする、今でいう老人ホームのような役割を果たしていました。この悲田院が建立された日が9月15日であったため、それにちなんで敬老の日も9月15日に制定されたと伝えられています。日付けの制定には諸説ありますが、この聖徳太子の説がもっともよく知られています。

敬老の日が決まったいきさつ

現代の敬老の日は、1947年に兵庫県で最初に制定されました。老人の知恵を借りて地域を活性化し、経験や知識を豊富に持っている老人を大切にしようという趣旨で様々なイベントを通して取り組まれました。県内にその取り組みが広まった当初は「としよりの日」とされていましたが、徐々に全国に広まるうちに「としより」という言葉が失礼に当たるとして議論を巻き起こすことになりました。

このため、1963年には老人福祉法が制定されたこともあって老人の日と名称が改められました。こういった経緯が広まるにつれ、子どもの日や父の日母の日があるのに老人の日がないのはおかしいという声が上がり、2003年になって敬老の日として正式に制定され、国民をあげての祝日として親しまれるようになりました。

敬老の日は決まっていない?

最初に制度として制定されたとき、敬老の日は9月15日となっていました。しかし2001年に始まったハッピーマンデー制度の実施に合わせて、15日ではなく9月の第3月曜日へと祝日が移されることになりました。つまり、毎年祝日となる日付けは変わるという事になります。このため高齢者団体などから反発の声が上がり、対応するために9月15日のあと1週間を老人週間として様々なイベントや啓蒙活動を行うということになりました。

敬老の日には、その年に60歳の還暦を迎えたお年寄りに赤いちゃんちゃんこやずきんなどをプレゼントするのが慣習となっています。還暦になると干支が一巡するため、生まれたばかりの赤ちゃんに戻るということから赤いものを贈ることが昔から親しまれてきました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう