高齢者に感謝を伝える「敬老の日」の豆知識 - 敬老の日 2017年9月18日(9月第3月曜日) -

-AD-

制定したのは聖徳太子?兵庫県の村人?

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日にある国民の祝日です。社会に貢献してきてくれた目上の人々に感謝を伝え、お祝いをする日です。この祝日の由来は2つあります。

1つは、歴史上で有名な人物の聖徳太子が高齢者の為に「悲田院」という老人ホームを作った9月15日にちなんで設定したという説です。

2つ目は、兵庫県多可群野間谷村で9月15日に行われていた高齢者を敬い知恵を借りる日の「としよりの日」が1950年代頃から全国に自然と広まり今の形になったという説です。どちらの由来が正しいかは現在でも判明されていませんが、両者とも目上の人を大切にする日に違いはありません。ご家族や近所・職場の目上の人に、日頃からの感謝を伝え、健康を気遣い、皆さんで楽しくお祝いしましょう。

この日をお祝いするタイミングとマナーは?

敬老の日はあくまでも、「目上の人に感謝を伝え、お祝いする日」なので、年齢制限はありません。孫が生まれたから、60歳になったから、年金を受給するようになったから、定年退職したからなど、それぞれのご家庭のタイミングでお祝いしましょう。

また、高齢者の方には、礼節を重んじる方も多いので、熨斗をかけることをお勧めします。礼節だけではなく、熨斗をかけることには「縁・命・慶びをのばす」と言った意味も含まれているので感謝を伝える贈り物には適切です。

そして、熨斗の種類は、「紅白の水引の蝶結び」を選びましょう。表書きは「御祝」とし、下段には状況に応じて「フルネーム」や「山田家一同」など記入しましょう。くれぐれも、「長寿」のお祝いの時と、混同しないように気をつけてください。

プレゼントには心のこもった手紙を添えよう

また、熨斗に加えて「手書きのメッセージ」も添えると喜ばれるでしょう。電話やメールが発達した現代では、あえて手書きのメッセージを使った方が、心がこもっているように感じます。目上の人に送るので、縦書きの便箋を用意して、封をするようにしましょう。

尚、敬老の日は、「目上の人に感謝を伝え、お祝いする日」なので、「ありがとう」と「おめでとう」どちらを使っても問題ありません。ただ、中には高齢者扱いを嫌う方もいらっしゃるので、あくまでも日頃の感謝や健康を気遣う気持ちだけを伝え、「敬老の日」という言葉は控えた方が無難です。

また、他の場面で手紙を書く時にも共通することですが、衰える・寝る・枯れる・曲がる・朽ちる・切れるなどの「忌み言葉」を使わないようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう