敬老の日は長寿への願いを前面に出す - 敬老の日 2018年9月17日(9月第3月曜日) -

-AD-

敬老の日の意味を考える

敬老の日は毎年決まった日ではなく、9月の第3月曜日と定められています。始まりは兵庫県のとしよりの日であるとされ、本格的に祝日になったのは1965年です。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日であるとされています。

大きな行事として催されるイベントも多いですが、一般的には自分の祖父母やその上の世代の長寿を祝うことが多いです。ただのお休みとして捉えるのではなく、おじいちゃん、おばあちゃんのことをよく考え感謝すると共に、長生きをして欲しいと願う日にしたいところです。高齢化が進んでいるとはいえ、現代のおじいちゃん、おばあちゃんは元気です。老という言葉を使われることに抵抗を感じる人も少なからずいますので、その人の性格を想いやった言葉をかけてあげることが大事です。

敬老の日には贈り物を

敬老の日はお年寄りを敬い、長寿を願う日です。その願いや想いを形にしたものをプレゼントするのも素敵な慣例です。贈り物そのものはもちろん、どんなものを贈れば喜んでくれるだろうと考える時間も含めて贈られる側は嬉しいものです。その想いを伝えるためにプレゼントを選んだ理由や経緯、贈り物に込められた想いも伝える方がより良いプレゼントになります。

日常的に使えるものが好まれるようです。日頃からよく目にするものであれば、その贈り物を見るたびに良き思い出が脳裏に蘇り、色褪せないまま過ごすことができるからです。湯飲みや座布団、枕など、身の回りのものがお勧めです。毎年恒例にして新しいものを買い換えていくというやり方をする人もいます。新しいお箸を毎年贈るのも良いアイデアです。

最大のプレゼントは会いに行くこと

敬老の日にプレゼントを贈るのは素敵なことですが、一番嬉しいのはやはり、直接会って想いを伝えられることです。長生きしてくれてありがとう。これからも元気で長生きしてくださいと伝えることが何よりの贈りものとなります。敬老の日の記念に、毎年写真を撮って、後日メッセージ付きで発送するのも良き思い出となります。元気であり続ける励みにもなるでしょう。

用事があったり、家が遠く簡単には会いに行けないという人は、例えばビデオレターや写真を送ったり、テレビ電話を利用するなどできるだけ存在が近くに感じられる工夫があると良いです。プレゼントを発送する場合は届くタイミングで電話を入れると話も盛り上がります。

おじいちゃんやおばあちゃんの経験や、自分や親を育て、見守ってくれていることへの感謝、長寿を願う気持ちをストレートに表現して想いを伝える日にしてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう