敬老の日 - 敬老の日 2018年9月17日(9月第3月曜日) -

-AD-

敬老の日の起源

敬老の日とは、これまで社会のために尽くしてきた老人を敬おうという日で、国民の祝日のひとつです。1947年に兵庫県多可郡野間谷村の村長である門脇政夫氏と、助役であった山本明氏が、としよりの日として9月15日に敬老会を発足したのが始まりです。以降、このとしよりの日は全国各地に広がりましたが、としよりという表現は良くないとする議論が各地で起こったため、1963年に老人の日に解消されました。しかしこの表現もよくないとされたため、1965年に敬老の日と定められました。

敬老の日の由来は、主に2つの説があります。まず一つは聖徳太子説です。593年に四箇院の制をとった聖徳太子は、非田院と呼ばれる身寄りの無いお年寄りや子供を収容する施設を作りました。これが建った日が9月15日であったため、それに由来して9月15日を敬老の日に制定したといわれています。もう一つは養老の滝説です。昔々、孝行息子の行いに感動した天皇は、彼に美濃守という役職を与えたというのですが、後にこの話題となった地を訪れた天皇が美濃国に向けて旅立ったのが9月中旬だったそうです。それにちなんで、9月15日を敬老の日としたといわれています。

敬老の日の元となるとしよりの日が制定されたのは、1947年のことで、9月の15日に敬老会を行ったことがきっかけです。そして1950年には兵庫県全体で敬老会が行われるようになり、9月15日をとしよりの日にしようという運動が全国に広がり始めました。そして1951年に中央社会福祉審議会によって、9月15日はとしよりの日とされたのです。このことから、今では敬老の日と呼ばれるこの行事が広がりを見せたのは、1950年頃と言えるでしょう。

敬老の日の風潮として、日頃からの感謝を伝えると共にこれからの長寿を願い、食事をしたりプレゼントを贈ることが一般的となっています。また、敬う老人の定義として明確なものはありませんが、老人福祉法では65歳以上を高齢者と定義しているため、一般的には65歳以上が老人であると考えられています。とは言え、年齢の線引きは人ぞれぞれであるため、感謝の気持ちを伝える相手の基準は、それぞれの気持ちに応じて決定すると良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう