文化の日 - 文化の日 2017年11月3日 -

-AD-

文化の日

文化の日は、明治時代に決められました。
明治天皇のお誕生日ということで、11月3日が祝日となりました。
天長節や明治節とも呼ばれ、昭和の第二次世界大戦のときまで続きました。
四大節の一つとして、大切な行事とされてきました。
1948年(昭和23年)に、正式に祝日法で定められた祝日となりました。
11月3日は、憲法が正式に公布された日でもあります。
当初は憲法記念日になる予定でしたが、事情があり憲法記念日は5月3日となりました。

文化の日の由来は、自由と平和を愛し、文化をすすめるという趣旨のもと、法律にある国民に祝日に関する法律に定められたのです。
昭和21年(1946年)の11月3日に日本国憲法が公布され、1948年に文化の日となりました。
文化の日として定められるまでにはたくさんの苦労がありました。
現代社会では、現代の日本の平和で安全な社会と、差別のない世の中に感謝をする日として、明治から昭和を経て現代へと伝わっているのです。

文化の日は、以前から明治天皇のお誕生日として祝日とされていましたが、正式に決められたのは1948年となっています。
それからは文化の日として、日本国内で盛んに行われるようになってきました。
皇居で文化勲章の親授式が行われたり、文化庁が主催となって芸術祭りが開催されています。
近年文化の日は、このようなイベントで盛り上げられています。
自由と平和を愛し、文化をすすめる日として、国民に愛されている祝日となっています。

最近では、文化の日は芸術や文化を楽しむ日として盛り上げられています。
博物館や美術館の入場料が無料になったり、様々なところでイベントやコンサートが開催されたりしています。
それ以外でも、まんがの日やレコードの日、文具の日としても楽しまれています。
大学などで学園祭が行われるところもたくさんあります。
普段利用していない方はこの機会にぜひ芸術や文化を楽しむといいでしょう。
自由と平和を愛し、文化をすすめる日を楽しみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう