新生活の由来は、日本人ならでは考え方 - 新生活 2018年4月30日 -

-AD-

新生活の由来について

新生活という言葉は、今でこそ、都会の大学に進学し、地方から都会に出て一人暮らしを始める場合や大学を卒業して新たに社会人として日本の歯車の中に組み込まれていく時によく使われる言葉です。

新生活の言葉の由来というのは、戦後間もない頃の新生活運動に端を発しています。この運動は、第二次世界大戦が終わった直後の昭和20年代から30年代に日本の各地域に急速に広がりをみせた運動です。敗戦のショックから立ち直れていない日本は、その歴史の中でも特に貧しい不遇の時代を迎えます。

そんな経済的に厳しい時代を何とか乗り切り、新たに日本を作り変えるために、国民が誰に指示されたわけでもなく自発的に財政緊縮を行ういう流れの中で生まれた運動ですので、国というよりも民族性で生まれたものです。

日本人の民族性から生まれた運動

日本人は、古来から800以上の神が住んでいるといった考え方からわかるように、風習にこだわる民族です。

その為、様々な行事を、神との関わり合いを持ちながら行おうとする為、かなりの事前事前準備をして、本番でもできるだけお金をかけて行おうとします。しかし、戦後は、日本がその歴史の中で、最も貧乏であった時代といっても過言ではありませんので、様々な行事にお金をかけることができなくなり、また国民の中でもできるだけ節約をして苦難を乗り切ろうという考え方が生まれました。

そこで生まれたのが新生活運動です。この運動が始まるまでは、葬儀の際の香典や香典返しというのは、結婚式お祝いとそれほど違いがないほどそれなりの額を支出しなければなりませんでした。現在香典というのは一般的に恐らく5千円未満だと思います。

現在まで続く新生活運動

葬儀や結婚式など、それまで豪勢におこなっていた行事を、できるだけ簡素に行うように日本全体が動き出しました。

この運動は地域によって違いはありますが、いくつか例を挙げると、結婚式は公共の施設を使用するや葬式の香典は金額を少なくして、香典返しは辞退、生花は2対まで、お膳や会食の金額の上限を予め決めておくなどが挙げられます。

この例を考えると要点は、生活の中の無駄や見得と言った部分をできるだけなくし、返礼的な贈答をやめ、生活そのものを簡素にし、経費削減にも努力しましょうということです。その後の日本は、高度高度成長時代迎え、新生活運動は徐々に忘れ去られた部分も多くありますが、その中でも現在まで日本人の美徳として行われていることも多くあり、今後も継承されるべき慣習です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう