語源にも意味がある4月の新生活で大きく変わる - 新生活 2018年4月30日 -

-AD-

新生活で個人の歴史が変化します

新生活を向かえる4月は、学校だと進級したり、企業では新たな年度を迎えることで、気持ちが引き締まる時期といえます。

また、進級だけではなく、新入学も行われますから、4月は1年の中でも特別な時期です。
周囲を見渡すと、新生活でやる気が高まっていたり、成長する新たな年にしようと、意気込んでいる人達が多く見受けられるでしょう。
個人の歴史を書き換える為には、ここで負けない気持ちになるか、臆してしまわないことが肝心です。
新たなことが次々と起こる新生活ですが、4月から始まる一ページは新たな歴史になるので、必ず今後の役に立つと考えられます。
新しい生活を怖がるよりも、出会いや未知の挑戦を楽しんだ方が得ですから、歴史を書き換えるつもりで、挑戦してみることがおすすめです。

様々なことが大きく変わる新生活の機会

新生活では、クラス替えで同窓生が入れ替わったり、人事で所属が変更になる場合があります。
仮に前年度と同じ仲間と一緒であっても、それぞれ新年度の目標が変わっていたり、新たな気持ちに入れ替わっている可能性が高いでしょう。
人の気持ちが引き締まったり、挑戦の意欲が高まるだけで、人間関係には微妙な変化が生じます。
これが初対面の人を始めとして、異なるタイプの相手との出会いであれば、必然的に人間関係を構築する必要性が出始めます。
プライベートでは一人暮らしを始めたり、引っ越しで新天地に居住する等、公私の両方で変化が起こる個人の歴史的なタイミングです。
新生活は戸惑うものですが、新生活に慣れておけば、今後同じような変化が起こっても、再び臆する心配はなくなります。
むしろ、様々なことを吸収するチャンスなので、歴史のページを増やして、自身の価値を高めることが大切です。

4月の区切りが人生の節目になります

4月を意味する卯月(うづき)の語源として、「う」は「初」や「産」で1年のはじめを意味するという説もあります。
4月はまさに、歴史を区切る節目ですから、1年単位で人生設計を行うことがポイントです。
新生活を上手くスタートさせると、人間関係が良好になったり、不慣れなことが早く吸収出来る切っ掛けになります。
人との関わり方は、最初の挨拶から既に始まっていますから、第一印象を良くして関係性を深めることが必要です。
人は一人では生きて行けませんし、学校や企業では周囲との協力が不可欠なので、早く仲間と認めてもらうことが鍵になるでしょう。
挨拶や人付き合いを避けていると、新生活の戸惑いを引きずったままになりますから、勇気を出して4月を向かえることが、上手く乗り越える為のコツになります

この記事が気に入ったらいいね!しよう