映画の日には名作と呼ばれる洋画を見るのがおすすめ - 映画の日 2018年12月1日 -

12月1日が映画の日だということはそれほど有名でないかも知れませんが、それは意外と歴史の長い記念日です。
その日をいいきっかけとして、映画の歴史に残っている洋画の名作を観ると、映画に関する知識を深めることができるのでおすすめです。

-AD-

映画の日は映画の歴史を知るいいきっかけになる

日本では数多くの記念日が作られているので、その中には意外と知られていないものが少なくありません。その中でも12月1日が映画の日だというのは、映画館で映画を安い料金で見られる日は年に何度もあることから、それほど多くの人が知っているわけではないでしょう。

映画の日が12月1日と決まったのは今からおよそ六十年も前のことなので、実は意外と歴史の長い記念日ということで、映画好きの人はその日を映画の歴史を知るためのいいきっかけにすると、より映画について詳しくなれるのでおすすめです。映画も大きく分けると洋画と邦画があり、邦画についてはある程度知っているという人が多いでしょうから、名作と呼ばれる洋画をレンタルDVDなどで観てみると、より知識が深まりやすいかも知れません。

映画の日に見たい恋愛物のおすすめの洋画

洋画と一口に言っても、そのジャンルは様々です。そこでまずは女性に特に人気の高い定番のジャンルと言える、恋愛物の洋画の中からおすすめのものを挙げてみましょう。

映画の日に見るのにおすすめの、恋愛物の洋画の金字塔と言えるのが、オードリー・ヘップバーン主演のローマの休日です。ある国の王女とカメラマンがローマで偶然出会ったことから始まる美しい恋の物語は、真実の口でのやり取りなどの多くの名シーンと共に、多くの映画ファンの語り草となっています。この作品が後に与えた影響は大変大きいので、映画好きなら一度は見てみてほしいと言える傑作中の傑作です。

この他の映画の日に見たい恋愛物の洋画としては、カサブランカ、ゴースト ニューヨークの幻、タイタニックなどがおすすめです。

映画の日に見たいSF物のおすすめの洋画

映画は現実にはないものを目に見える形で見せることができる芸術ということで、映画の日にはSF物の洋画の中で名作と呼ばれる作品を観るのも良いでしょう。

SF物の洋画の中で、長い映画の歴史の中でも最高傑作と呼び声が高いのが2001年宇宙の旅です。この作品はCG技術が発達していない、今からおよそ五十年も前に作られた作品なのですが、特撮を駆使して驚くような映像を作り上げています。また難解ながら奥の深いストーリーにより、現在でも多くの熱心なファンの間でその魅力が語り継がれています。

この他の映画の日に見たいSF物のの洋画としては、禁断の惑星、猿の惑星、ET、ブレードランナーなどがおすすめです。

映画の日に見たいホラー物のおすすめの洋画

日常ではできない体験が疑似的にできるのが映画の魅力の一つなので、スリルのある疑似体験ができるホラー物の洋画を映画の日に見るのも楽しいかも知れません。

ホラー物の洋画の傑作中の傑作として、今でも多くのファンの愛されている作品の代表格がゾンビです。今ではゾンビを扱った多くの映画が制作されていますが、それらの原点と言えるものの一つがこの作品です。またゾンビ自体の恐怖が描かれているだけではなく、登場人物たちの人間ドラマの部分も素晴らしいので、大変完成度の高い作品となっています。

その他の映画の日に見たいホラー物の洋画としては、サイコ、ローズマリーの赤ちゃん、エクソシスト、悪魔のいけにえなどがおすすめです。

映画の日に色々なジャンルの洋画の名作を観てみる

映画の日は知名度はそれほど高くはないものの、作られてからおよそ六十年という長い歴史のある記念日です。なので、その日には映画、特に異なる文化の中で作られた洋画の中の歴史的な名作を観てみると、映画の知識がより深くなって、さらに映画を好きになれるかも知れません。

洋画と一口に言っても、そのジャンルには色々なものがあります。例えば女性人気の高い恋愛物、想像力を掻き立てられるSF物、スリル感が味わえるホラー物といったようにです。なので、自分が好きなジャンルのものを観るのももちろん素晴らしいのですが、普段からよく観ているタイプのものとは異なるジャンルの作品を観てみるのも、映画に関する視野が広がるのでおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう