映画の日の前後の休日に見たいおすすめの映画 - 映画の日 2018年12月1日 -

12月1日の映画の日の過ごし方としては、映画を観るというのが好ましいのではありますが、その日が忙しい場合もあるでしょう。
その場合には前後の休日に映画を観るというやり方もあり、特に心が癒されるような作品を観るのがおすすめです。

-AD-

映画の日の前後の休日に心が癒される映画を観る

12月1日は映画の日だとかなり昔から定められてるのですが、特に映画が好きな人以外でそのことを知っているという人は、あまり多くないかも知れません。映画好きの人はその映画の日に映画を楽しむという過ごし方ができると望ましいのですが、12月1日が平日だと仕事が忙しくて、なかなかそのような時間が取れない場合もあるでしょう。そんな場合には12月1日の前後の休日に、自宅で借りたDVDを観るといった過ごし方をすると、何となく映画の日らしい雰囲気が出るのでおすすめです。

映画の日にどんな映画を見るかはもちろん人それぞれですが、日頃忙しく働いている人のように、心に癒しを求めている人であれば、その望みに合った映画を選ぶのも良いでしょう。

映画の日の前後の休日におすすめの家族に関する映画

映画の日の前後の休日に心を癒したいと思う人におすすめの映画としては、家族に関する作品をまず挙げることができます。忙しく働いている人にとって、家族の存在が心の癒しである場合が多いからです。

そういった作品の代表例と言えるのが、ファンタジー映画の金字塔である素晴らしき哉、人生です。この作品は古い白黒のアメリカ映画なのですが、家族の大切さ、温かさがとてもよく伝わってくる名作として、現在でも世界中で高い人気を誇っています。またクリスマスの時期の出来事を中心に描いているので、少し早いですが12月の休日に見るのに適していると言えるでしょう。

家族を描いた邦画の作品としては、4人の姉妹の生活を温かい視線で描いた海街diaryがおすすめです。

映画の日の前後の休日におすすめの動物に関する映画

映画の日の前後の休日に、心を癒したいという目的で映画を観るのであれば、動物が出てくる作品もおすすめです。動物は見ているだけで心が癒されるという人は大勢いますし、その動物が感動的なストーリーに関わっていれば、その癒し効果はより大きくなることが期待できます。

動物が出てくるおすすめの洋画の代表例がシャーロットのおくりものです。この作品は可愛らしい子豚とメスの蜘蛛の友情と別れを描いた感動作で、さらに牧場が舞台なので色々な動物が登場するので、子どもから大人まで幅広い人の心を癒してくれるでしょう。

動物が出てくるおすすめの邦画としては、南極に残された2匹の兄弟犬の姿を描いた南極物語が代表的な作品です。

映画の日の前後の休日におすすめの映像が美しい映画

普段忙しい日々を送っていることが休日に観るという点を重視すると、ストーリー以上に美しい映像を作ることに力を入れたタイプの作品もおすすめできるでしょう。難しいことを考えずに映像を眺めているだけで、心が癒されるような作品は少なくありません。

そういったタイプの洋画の作品の代表例として挙げられるのが赤い風船です。この作品は少年と風船との奇妙な友情が中心に描かれた短編で、作品全体に芸術的な絵画のような美しさが感じられる傑作として、制作から長い年月が経った今でも多くの人に愛されています。

邦画の中の映像が美しい映画の代表的な作品がしあわせのパンです。この作品は北海道の抜群に美しい自然の中で、温かい雰囲気のストーリーが展開して行くので、観ていて心が癒されたという人が大勢います。

映画の中には心を癒してくれる作品がたくさんある

映画の日は映画を楽しむためのいいきっかけになる記念日ですが、その当日が平日で映画を観る時間が取れない場合には、その日の前後の休日に映画を観るというやり方があります。その際には、日頃の忙しさを忘れて心が癒されるような映画を観ると良いかも知れません。映画には洋画であっても邦画であっても、そういった作品がたくさんあります。

観ていて心が癒される映画の例としては、多くの人が大事な存在だと言う家族や、ただ見ているだけで癒される動物を描いた作品を挙げることができます。またストーリーが面白いだけではなく、美しい映像作りにこだわって制作された作品も、観ていて心が癒される効果が期待できると言えるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう