~春分の日とお墓参りの関係について~ - 春分の日 2018年3月20日 -

-AD-

春分の日にお墓参りをする理由

春分の日に、なぜお墓参りをするのでしょうか。その理由については、ちょうどこの日にあたる時期が、仏様がいらっしゃるとされている極楽、つまり、現世で良い行いだけを行った者だけが行くことの出来る「極楽浄土」に近づく時期である、とされているからです。

極楽浄土とは、つまり天国のような場所であります。このような理由から、ご先祖様に供養をする時期としては最適であるとされており、そのため、春分のには家族そろって、ご先祖様のお墓を綺麗にしたり、お花をお供えしたりする、といった文化が現在にも伝わっています。また、日本の伝統的な仏教の心からも、ご先祖様の供養をされることは、自分にとってもとても良いことであるとされており、ご先祖様の供養は自分のためにもなる、とされています。

春分の日の制定と皇室の行事

春分の日は祝日となっています。おおよそ3月の20日前後など、その年ごとによって日にちは異なっていますが、この時期が春分の日となっており、同時に国民の祝日ともなっています。春分の日は、今でも皇帝陛下や皇后様のお住まいになっている宮中などにおいて、儀式がなされており、儀式では天皇陛下や皇后様のご先祖様、また皇族の方々の御霊をお祭りする儀式が行われています。
太平洋戦争よりも遥かに以前からこの行事は続いており、この日が祝日である、という規定があった、とされています。現在では、あまりこのような皇室の行事は知られていません。

しかし、春分の日には、国民もご先祖様に感謝をするべき日である、とされています。そのため、ご先祖様からの恵み、また春という季節からの恵みに感謝をするべき日である、とされています。

春分の日の過ごし方について

春分の日は、「春の訪れに感謝し、それと同時に自然の恵みに深く敬意を表す日」でもあるとされています。昔は、冬を越す前に、飢えや寒さなどから小さなお子さんや身体の弱い方々が亡くなってしまうことも、決して少なくないことでした。そのため、春の訪れはとても喜ばしいことであると同時に、花々が咲き乱れる春の訪れは、とても幸福に感じられるものでもあったのです。

このような背景から、春分の日は、「春という暖かな季節に感謝の意味を込め、また同時に生物たちにも、植物にも感謝をする日」となっています。生き物たちは私たちに命を与えてくれる存在ですし、植物も私たちの食卓に並んで命をつないでくれるものです。このようなことから、この日は、自然の与えてくれる恵みに深く感謝をする1日となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう