季節の変わり目となる春分の日について - 春分の日 2018年3月20日 -

-AD-

春分の日と過ぎると暖かい季節になる

春分の日は自然をたたえ生物を慈しむ日として昭和23年に国民の祝日に関する法律によって定められた国民の休日の一つです。暑さ寒さも彼岸までといいますが、春分に日にあたる春の彼岸から気候は一気に暖かくなります。

春分の日は昼と夜がほぼ同じ長さで太陽は真東から昇り、真西に沈みます。秋分の日も同様ですが、この場合には徐々に日差しが弱くなり寒い季節の訪れとなります。仏教では春分の日を彼岸の中日といって先祖の霊を祀って感謝するお勤めを七日間行いますが、その真ん中の日が春分の日に当たります。仏教になじみがなくともお彼岸のお墓参りは全国で広く行われている風習です。またこの日に食べるぼたもちは秋に食べる際にはおはぎという呼び名に変わります。季節により呼び名が変わる他、大きさやこしあんかつぶあんかで呼び名が変わる場合もあります。

仏教の彼岸会と民間のお彼岸の習俗

春分の日を中心とし、前後各三日間ずつの計七日間は彼岸と呼ばれ、この期間中各寺院では彼岸会の法会が行われます。彼岸とは生死輪廻の此岸に対してそれを解脱した悟りの境地である涅槃を意味し、浄土宗においては現世に対する浄土を指します。

春分、秋分を中心に彼岸会を行う事については太陽の運行と西方極楽浄土を結びつけたものと説明されています。この他にもこれとは別に昼と夜の長さが等しい春分、秋分は中道の思想にかなうために仏事を行うという考え方もあります。この一方で民間において現在でもお彼岸にぼたもちを作り家族で仏壇やお墓にお参りし、ご先祖様に日頃無事でいられる事を感謝するという事はなじみ深い習慣です。このためぼたもちを手作りする家庭も多いですが、スーパーマーケットでも取り扱われていて家族が少なく作っても余ってしまうような場合でも気軽に食べられるようになっています。

様々なぼたもちの味付け

ぼたもちあるいはおはぎというとあんこときな粉が定番です。手作りのぼたもちやおはぎというと特にあんこが作られるケースが多いものとなっています。

しかしながらこの一方で黒ごまや白ごまをまぶしたぼたもち、青のりをまぶしたぼたもちもあり、意外にも様々な味を楽しめるようになっています。青のりをまぶしたぼたもちは関東ではあまりなじみがありませんが、関西ではあんこときな粉と並び定番のぼたもちとなっています。関西方面において青のりのぼたもちは風味が良くておいしいとの事ですが、一方でごまのぼたもちはあまりなじみがないものとなっています。またアレンジレシピとしてはゆかりをまぶして作る、あんこにずんだあんを使用する、餅米に黒米や雑穀を使用するなどのアレンジレシピもあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう