春分の日の意味と行われるイベントについて - 春分の日 2018年3月20日 -

-AD-

年で日付が変わる理由は天体にある

春分の日は1948年から存在する国民の祝日で、自然と生物を大切にする気持ちを養う日です。1948年以前は春季皇霊祭と呼ばれていたとされ、現代では仏教各派により春季彼岸会が行われます。

日付が定まっていないことを不思議に思う人もいますが、定まっていない理由は天体観測に於く春分が起きる時を春分の日にするからです。

天文学上は春分が起きた日を春分日といいますが、祝日では春分の日といいます。天体は地球の1年を表し、春分では昼と夜の長さが一緒になります。しかし日本では、昼の方がわずかに長いとされます。

天体観測で春分を確認できるのが3月20日か21日頃が多いため、春分の日は3月20日や21日になることが多いです。また春分の観測は起きたその日にしかできないので、カレンダーに記載される春分はこれまでの天文記録を参考に決められています。

オススメのイベントは咲き誇る梅や桃の祭り

春分の日は日付が定まっていないので、関連した当日に行われるイベントというのは珍しいです。そのため2月~3月など長期間開催されているイベントを探して、春分の日にお出かけするプランを立てると良いと思います。

オススメなイベントは、梅や桃の祭りです。2月や3月は梅と桃が綺麗に咲く時期なので、桜の前に鑑賞すると日本を実感できます。場所によっては、夜にライトアップがあります。桜は花見の印象が強く夜桜も有名ですが、夜の梅も一興です。

他のイベントには、イルミネーション・肉祭り・花火が上がるイベントもあります。春分と直接的な関係はないかもしれませんが、お出かけスポットとして選べるイベントなので家族・恋人・仲間などと一緒に楽しめます。ただ、本来の趣旨である自然と生物の大切さを忘れずに環境を汚染しない注意は必要です。

日本に於く印象はお墓詣りや季節の節目

ちょうど彼岸が重なるので、お墓詣りに赴く人も多い日です。日本以外でも春分の日に決まった行事が行われる国があり、イラン・アフリカ・中央アジアなどの地域では祭日とされています。これら地域はペルシア帝国の時代に影響を受けた地域として、交流会を行います。

日本での趣旨は自然と生物に関することですが、関連する国が決めたイベントがないので休日として捉えられていることが多いようです。特別な風習もないので若年層には関心が薄い日かもしれませんが、季節の節目として気持ちの切り替えをしたり掃除をすると良いと思います。

現代ではあまり行われませんが、山や海の神に感謝の気持ちを述べても良いです。自然といえば山と海ですが、空も自然なので天空に向けて感謝の気持ちを伝えると心身が清められます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう