昭和の日 - 2018年4月29日 -

昭和の日の起源や語源、歴史、
また昭和の日に行われる行事など昭和の日に関することを解説。

-AD-

元々は昭和天皇の誕生日

現在4月29日の祝日は「昭和の日」となっていますが、2006年までは「みどりの日」として親しまれており、まだそちらの呼び方の方がピンと来るという方も少なくないかもしれません。それがなぜ「昭和の日」という呼び名に変わったのでしょうか。

起源を辿ると、昭和の時代に遡ります。元々みどりの日と呼ばれる以前の4月29日は「天皇誕生日」としての祝日でした。

日本では正式には明治天皇の時代から、天皇の誕生日が国家の祝日として始まりました。以後、先帝が崩御し皇位継承が行われる度に法改正が行われ、天皇誕生日の祝日の日にちが変更されてきました。
大正時代は、8月31日が天皇誕生日で祝日の他、天長節祝日として10月31日も祝日とされ、その後の皇位継承で昭和2年(1927年)3月4日からは4月29日が天皇誕生日で祝日となり、昭和天皇が崩御されるまで続きました。

「天皇誕生日」から「みどりの日」へ

そして、今上天皇に皇位継承が行われた平成元年(1989年)からは(詳しくは2月17日以降から)「みどりの日」としてそのまま祝日が存続されました。

天皇誕生日は12月23日となり、今までの流れであれば4月29日は祝日ではなくなるところですが、4月29日はゴールデンウィークの期間に入るあたりで、祝日が廃止されることによる国民への影響が懸念され、4月29日は「みどりの日」と改めた上で祝日として存続させることになりました。

みどりの日という名称は、皇位継承に伴い祝日を改正する為に開かれた懇談会において、昭和天皇が自然をこよなく愛したことから「緑」にちなんだ名前がふさわしいとの意見が多く出たことによって、この名前に決まりました。みどりの日も、昭和天皇に関連している由来だったということです。

「みどりの日」から「昭和の日」へ

こうして、4月29日は2006年までみどりの日として親しまれていましたが、2007年(平成19年)から「昭和の日」と名前が再び改名されることになりました。

実は、元々みどりの日という名前に変更する案が出た当初から、昭和天皇の誕生日を活かして「昭和記念日」にするなどの案も出ていました。しかし当時その案は見送られ、みどりの日と改められたのです。

ただ、改名後もその案は続いていました。2000年に、自由民主党と自由党、公明党の連立与党が改正法案を参議院に提出し、2002年に自由民主党と保守新党が2度目の提出、3度目として2004年に自由民主党と公明党が改正法案を提出しました。そして2005年、衆議院内閣委員会で可決されたことにより、2007年から4月29日は「昭和の日」となり、元々「国民の休日」として祝日であった5月4日が「みどりの日」となりました。

4月29日は元々天皇誕生日だったのです

ゴールデンウィーク周辺の日付を見ていると、いつの間にかみどりの日が昭和の日になっていて驚いたという人も多いのではないでしょうか。

もともと4月29日は昭和天皇の誕生日であり、昭和の時代には4月29日は天皇誕生日という祝日でした。しかし、昭和天皇が1989年1月7日に崩御され、皇位が今上天皇に継承された為、そのまま天皇誕生日としてしておくことができず、法律が改正されこの日をみどりの日としました。みどりの日という名称は、昭和天皇が緑や自然をこよなく愛していたことが由来となり、名称が付けられたと言われています。

その際には、昭和という名称を付けるべきだと周囲に反対されていたという事実もあるようですが、当時の野党によって反対され、みどりの日と法律で決められたのです。

昭和の日になった由来とは

4月29日が元々は天皇誕生日でしたが、1989年に崩御され、今上天皇に継承され、みどりの日として制定されましたが、今は昭和の日と変更されていますよね。

この昭和の日の由来とは一体どのような経緯でなされたのかご存知でしょうか。昭和の日の由来とは、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という思いで名付けられたそうです。祝日を制定するのは、国民の祝日に関する法律(祝日法)で定められており、このような経緯で名付けられたと言われているのです。

昭和天皇が即位していた時は天皇誕生日、崩御されたらみどりの日、現在は昭和の日と4月29日の祝日は名称を変えつつも存在し続けている祝日と言えるでしょう。由来を聞く限りだと取ってつけたような印象もありますよね。

昭和の日が認定された日

元々、名称変更を2000年当時の首相であった森喜朗が訴えていたのですが、森元首相の失言によって、衆議院が解散し、法案自体が流れてしまいました。

2002年に小泉元首相の時にも法案を提出していましたが、可決されずに流れ、2005年第二次小泉内閣の際に昭和の日へと変更になったのです。法律が定められ、2007年からみどりの日は昭和の日へと名称を変え、祝日として残されています。しかし、元々4月29日だったものを5月4日に変更するということもこの当時にされ、5月4日をみどりの日として現在に至ります。元々5月4日は国民の祝日という曖昧なもので名称がなかったこともあり、スムーズにみどりの日として移動させることができたようです。昭和というフレーズを残したかったという思い入れがこのような状態を招き、それだけ激動の時代だったことを印象付けますね。

昭和の日の語源は天皇誕生日

4月29日は昭和の日として国民の祝日になっています。法律では「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日とされています。
4月29日は以前はみどりの日でした。みどりの日の前は天皇誕生日でした。昭和の日の語源、由来は昭和天皇の誕生日だったことです。
明治時代以降、その時々の天皇誕生日を祝日として祝ってきました。昭和天皇の誕生日は4月29日でした。
天皇誕生日というのは当然ですが時代によって動きます。明治時代は11月3日でした。大正は8月31日、平成は12月23日です。
なお戦前まで、天皇誕生日は天長節という名で、祝日としてお祝いが行われました。また皇后誕生日は地久節という名で、祝日ではありませんでしたが、それに準ずるものでした。

昭和の日の前はみどりの日

昭和64年に昭和天皇が崩御して、昭和の時代が終わりました。これを受けて、年号が平成になり、その際に4月29日は天皇誕生日からみどりの日になりました。そして法律の改正を経て、2007年から昭和の日と名を改めました。

昭和の時代が終わって、昭和天皇の誕生日はみどりの日になりました。法律には「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」日と書かれています。これは昭和天皇が緑を大切にし、自然に関して博識だったことに由来します。また、4月29日はゴールデンウィークの一日として定着していたので、この日を休日のままにしたかったという事情もあるようです。
元のみどりの日が昭和の日となったことで、5月4日が新しいみどりの日となりました。それまで5月4日は国民の祝日だったところに移動したのです

昭和の人同じような由来の祝日

昭和の日は昭和天皇の誕生日に由来しますが、同じような起源をもつ祝日はあるのでしょうか。
大正天皇の誕生日は8月31日であり、大正時代は祝日でした。しかし昭和以降この日は祝日にはなりませんでした。
一方で明治天皇は旧暦の時代の生まれですが、その誕生日は新暦で言えば11月3日でした。大正時代になった後も、明治天皇の誕生日は明治節と名を変えて、祝日として残ります。戦前まで明治節は祝日の中でも重みのある祭日でした。
そして1948年に明治節は廃止され、文化の日になり今に至っています。1946年11月3日には日本国憲法が公布されており、文化の日はこれを祝う日であるということになっています。
このように、以前の天皇誕生日が祝日となっているものは、文化の日と昭和の日ということになります。なかなか複雑な経緯ですが、今では昭和の時代を振り返る日と位置付けられています。

昭和の日は昭和天皇の誕生日だった

「昭和の日」は今の天皇陛下の父親である昭和天皇の誕生日に当たる日です。現在の天皇誕生日は12月23日ですが、昭和63年までは4月29日が「天皇誕生日」として祝日になっていました。

昭和天皇が即位した当時、天皇の誕生日は「天長節」という名称で国民の祝日になっていました。これは明治5年の太政官布告に基づくもので、大正天皇の時代は8月31日、明治天皇の時代は11月3日でした。戦前は新年や紀元節(今の建国記念日)などと同じように盛大に奉祝されていました。

戦後になり「国民の祝日に関する法律(祝日法)」が新たに制定され、天長節は「天皇誕生日」と名前を変えて国民の祝日と制定されました。5月頭の飛び石の連休と合わせて、天皇誕生日は「ゴールデンウィーク」を構成する祝日として長く国民に浸透してきました。

昭和天皇が亡くなってからも引き続き祝日に

昭和64年に入ってすぐに昭和天皇が亡くなりました。祝日法には日付を入れた形で祝日が規定されているため、4月29日は天皇誕生日としては存続できなくなってしまいました。しかし4月29日を平日にしてしまうとゴールデンウィークに影響が出ることが予想されたことから、この時は名称を「みどりの日」と変更して祝日のまま維持することが決まりました。「みどり」は昭和天皇が植物に詳しく、自然を愛したことから選ばれました。

その後、平成17年に祝日法が再び改正され、みどりの日を5月4日に移動し、4月29日を昭和天皇にちなんで「昭和の日」とすることが決まりました。80年の歴史の間に天長節、天皇誕生日、みどりの日、そして昭和の日と名前が変わっていった祝日、それが4月29日なのです。

かつて存在した「昭和の日」のような祝日

祝日法の中で「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」と書かれている昭和の日ですが、実は同じような祝日が戦後すぐの昭和22年まで存在していました。明治天皇の誕生日、11月3日(旧暦の9月22日)を祝日とする「明治節」です。これは昭和2年に近代日本の基礎を築いた明治天皇の功績を讃えて祝日に設定された、というものです。

この明治節は1948年の祝日法の制定の際、廃止されてしまいました。しかし、現在でも11月3日は文化の日として祝日になっています。文化の日は1946年の日本国憲法公布にちなんで制定されたもので、直接的な関係はないとされながらも、当時の議事録には明治節を意識してこの日に設定したような答弁が残っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう