昭和の日に開催されるイベントについて - 昭和の日 2018年4月29日 -

-AD-

元々は天皇誕生日だった日

4月29日の昭和の日とは国民の祝日の一つです。
元々は昭和天皇の誕生日でした。
その為、元号が昭和であった頃は、4月29日は天皇誕生日という祝日でした。
ですが、1989年に昭和天皇が崩御され、この日は天皇誕生日ではなく、みどりの日という休日に変わりました。
その後、2007年に法律の改正によって、みどりの日は4月29日から5月4日に変更され、それに伴い4月29日は昭和の日という祝日に生まれ変わりました。
昭和の日というのは、昭和天皇の誕生日であると同時に、激動の時代、そして復興の時代であった昭和を顧みる日となっています。
その年の暦によって変わる事もありますが、4月29日というのはゴールデンウィークの始まりの日になる事も多い日の為、ゴールデンウィークを楽しみにする人に親しまれる祝日ともなっています。

4月29日に行われる事

4月29日の昭和の日は、ゴールデンウィークの最初の祝日となる日です。
その為、各地で様々なイベントが行われます。
その内容は様々で、連休を楽しむ為のイベントも多く開催されます。
そして昭和を懐かしむイベントや、昭和がつく町の町おこし等も多く開催されています。
昭和を懐かしむものは、音楽やアート、ファッション、食べ物やサブカルチャー等で、昭和の時代を体感出来るようになっています。
昭和の時代を生きてきた人には懐かしく、そして昭和をあまり知らない世代の人には、レトロな雰囲気を楽しめるようになっています。
ただ、こうしたイベントは、単純に昭和を再現しているのではなく、現代の感性も加わっている事が多く、新たな発見や、想像力の刺激に繋がるという事も多く人気になっています。

昭和がつく町のお祭り

日本には、昭和町等、昭和という名前がつく町が複数存在します。
昭和の日には、こうした町で、町おこしイベントが多く開催されています。
その内容は様々です。
昭和を懐かしむお祭りのようなイベントになっている事もあれば、どこか懐かしい昭和の街並みを楽しみながら、おいしい食事やお酒を楽しむというイベントもあります。
こうしたイベントは、昭和の懐かしい街並みや風景をそのまま残す為に一役買っている事も少なくありません。
昭和の日に、今はなくなりつつある昭和の懐かしい雰囲気を楽しんでみたい、この日ならではの行事を楽しんでみたいと考えたら、こうした町おこ等に参加をしてみると良いでしょう。
実際に昭和時代の歴史や文化に触れてみる事で、新たな発見をするという事は少なくありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう