昭和の日という祝日について〜昭和を振り返る〜 - 昭和の日 2018年4月29日 -

-AD-

昭和の日とは〜天皇誕生日〜

昭和の日は4月29日にある国民の祝日で、いわゆるゴールデンウイークの内の1日目として捉えられています。

昭和の日と聞くと、昭和が始まった日と思われる方もいるかもしれませんが、そうではなく昭和天皇の誕生日です。つまり、昭和天皇が崩御される前の1988年(昭和63年)までは、「天皇誕生日」という名称の祝日でした。現在、生前退位の話が出ている天皇陛下ですが、仮にご退位され元号が新しくなれば、12月23日は平成の日となるかもしれません。

しかし、平成元年にいきなり昭和の日ができたわけではありません。4月29日は、みどりの日という祝日になりました。これは、昭和天皇が自然や緑を深く愛していたことからそのような名称になったのです。

ですがみどりの日は今もありますよね。

みどりの日から昭和の日へ

現在のみどりの日は5月4日です。

平成17年、多くの国民の要望により、国民の祝日に関する法案が改正され、平成19年にみどりの日(4月29日)は昭和の日になり、みどりの日は5月4日に移行されました。全国植樹祭で自ら植樹をされていた昭和天皇の伝統は今上天皇陛下にも引き継がれています。

天皇の誕生日は、戦前の場合、在位中は「天長節」ご退位後は「元号+節」という名称でした。戦後になると、在位中は天皇誕生日、退位後は名称を変更して国民の祝日になります。ちなみに明治天皇の誕生日は11月3日、現在は文化の日になっています。大正天皇の誕生日は8月31日ですが、天長節は10月31日、さらに大正節やそれに代わる天皇誕生日は制定されないなど特殊です。これには当時の時代背景が関わっているらしいです。

昭和の日に開かれるイベントについて

昭和の日は、ゴールデンウイークの初日と考えられているため、この日を皮切りにたくさんの施設でイベントや期間限定のキャンペーンが開かれています。旅行雑誌やサイトで検索するとたくさん出てきます。

また、移行される前のみどりの日の名残からか、自然や植物に関わる施設で開かれるイベントも多いです。

さらに、「昭和」が名称になっている全国の市町村では昭和の日にちなみ、イベントが多く開かれます。昭和の時代を懐かしみ、当時の子供たちの遊びや流行したものを紹介する催しが多く開かれています。

戦争の時代を経て、戦後の焼け野原から復活し、高度経済成長、オリンピック、万博、バブルなど時代が目まぐるしく変化した昭和のの時代を、この昭和の日に振り返ってみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう