平成時代になって誕生した、昭和の日にまつわる意外な逸話の数々 - 昭和の日 2018年4月29日 -

-AD-

昭和の日が誕生した経緯の謎

昭和の日と言えば、ゴールデンウィークの間にある祝日の1つとして広く親しまれている祝日の1つです。他の祝日が日本の文化や伝統、記念等に由来するのに対し、その名前からも時代を感じさせる特徴のあるものとなっています。

実際に、昭和の日は他の祝日の制定と少し違う、特別な経緯を辿って制定されました。例えば、制定日は平成19年という、昭和の時代が過ぎ去ってかなりの年月を経た後です。このような特殊な祝日となっているのには、その制定の経緯に秘密があります。

実は、昭和の日にはその前身となる祝日が2つ存在しました。1つ目は、今では5月4日の祝日として親しまれている、みどりの日。そして、2つ目は昭和天皇の誕生日として祝日である天皇誕生日です。つまり、元々4月29日の祝日は天皇誕生日であり、それがみどりの日に変わって、そこから更に昭和の日に変わったという経緯があるのです。

昭和の日の前身である、2つの祝日

4月29日が祝日となった元々の理由は、昭和天皇の誕生日、つまり天皇誕生日として祝日となっていました。1989年に昭和天皇が薨去されて今上天皇が即位した為、天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に移動しなければいけない事情となったのです。

当時、4月29日を挟む数日間は連休として国民に親しまれており、祝日の廃止は社会や経済への影響が懸念されました。そこで、休日を維持する為に昭和記念日という名称で祝日が考えられたのです。しかし、この名称は国会で野党の反対にあい否決。昭和天皇が自然を愛すし生物学者として貢献された事、春が深まり自然と親しみやすい時期に入る事から、改めてみどりの日が制定されました。

4月29日の祝日は継続し、何も問題はないと思われました。しかし、昭和天皇を慕う国民感情から要望が高まり、これに配慮する必要が生じ始めたのです。

こうして昭和の日が誕生した

4月29日をみどりの日として残す事は、社会や経済への影響への配慮としては確かなものでした。しかし、国民感情としては納得されがたいものがあり、国へ配慮を求める要望が多く届きます。

みどりの日の制定当初から昭和の名前を残してほしいという国民感情があり、何度も改正案が出されたものの、その度に否決される事の繰り返しが生じていました。その流れが近年になって変わり始め、ようやく平成17年に入って祝日法が改正される運びとなり、平成19年になって昭和の日が誕生したのです。

こうして、みどりの日は5月4日へ移動する事となり、4月29日は昭和の日となりました。4月29日の祝日の名前が何度も変わった事、そして昭和の日が制定されたのが平成19年という遅い時期である事には、意外な歴史の逸話があるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう