昭和の日 - 昭和の日 2018年4月29日 -

-AD-

昭和の日

4月29日の昭和の日は、近代になって定められた元号を起源にする祝日です。1926年の改元によって定められた昭和が語源となる形で、激動の時代の中で受け継がれてきました。昭和の時代が終わった後には、64年に至る歴史を大事にする考えも浸透した影響で、新たな祝日として制定する動きになったのです。国民の祝日に関する法律を一部改正する形で、2007年には昭和の日が制定されることになり、平成の時代になっても伝統が受け継がれることになりました。

昭和の日という名前の通りで、4月29日は本来は昭和天皇の誕生日として、戦前の時代には特に重要視されていました。戦後には昭和天皇が人間宣言をして身近な存在になると、国民の祝日として親しまれる機会も増えました。昭和天皇が1989年に崩御してからは、天皇誕生日は12月23日に変更されています。4月29日は「みどりの日」という名前に変更していましたが、2007年になると昭和の日として生まれ変わりることになりました。

昭和の日が日本で盛んになったのは、2007年以降のことですから、出来事としては最近のことです。ところが、制定直後には昭和天皇の誕生日を知る世代も数多く活動していたことから、盛んになるための基礎は出来上がっていたことになります。みどりの日の時代にはゴールデンウィークの一部として定着していましたから、昭和の日に名前が変わっても習慣が廃れることがなく、時代を超越するだけの魅力を持った祝日として愛され続けています。

最近の昭和の日の特徴としては、平成の時代になってからは30年近くが経過した影響で、昭和時代を知らない世代が話題を集めている点があります。昭和の日になると、平成生まれの若者たちが昭和時代の歴史や文化に興味を持つこともあるのは、時代の大きな変化と言える出来事です。ゴールデンウィークの始まりとなる祝日としては、前身の時代から変わることがありませんが、話題を拡散するための手段は大きく変わりました。SNSなどを使って話題を集めることがあるのも、最近の特徴と言えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう