時の記念日 - 6/10 -

時の記念日の起源や語源、歴史、
また時の記念日に行われる行事など時の記念日に関することを解説。

-AD-

時の記念日制定の由来と意味について

時の記念日とは、1920年の6月10日に制定された記念日です。歴史は古いものの特に国民の祝日が設けられているわけでもないので知っている日本人は少ないかも知れません。ですが、大切な時の意味を考え、時間をきちんと守ること・規則正しい生活を考えるためにも、時の記念日とはいつのことか、どういった由来を持っているのか、どのような意味をその日に持たせるのがよいのか考えることはよいことです。人は死というものがいつかは訪れる以上は、時は無限ではありません。大切な時を大切に使うことこそが、時の記念日とはどういった日か考えることにつながっていくのです。なぜ、6月10日なのかの歴史はなんと671年までさかのぼります。

時の記念日と由来について

1920年、東京天文台・すなわち現在の国立天文台と、生活改善同盟とが時の記念日を制定しました。時の記念日とは時について考えると共に生活改善を目的に作られたのです。なぜ、6月10日なのかの由来ですが、日本書紀において、671年の4月25日に天智天皇が、日本で始めて設置した水時計によって始めて時を知らせたと書かれていることから定められています。その4月25日を太陽暦で換算すると6月10日となったということです。日本にはさまざまな記念日がありますが、時の記念日とはその中でもかなりの最初期に制定されたもの。しかもその由来も日本書紀にまでさかのぼるような、伝統ある記念日ということなのです。

時の記念日の正式な制定はいつか

第1回の時の記念日とは1920年、大正9年のことです。生活改善同盟というのは伊藤博文の養子である伊藤博邦を会長とし、渋沢栄一ら政官界の有力なメンバーが役員となっている財団法人です。近代化の時代において、日本人も欧米並みに時間を大切にする意識を高めようと設けられたのです。今や、日本の鉄道や空港における時間の正確さは世界一と言われています。大正時代からの意識改革が由来となり、我々日本人の生活における時間の感覚が作られているのです。時の記念日とは、そういった由来や意味をしる日でもあります。時計業界や、天智天皇を祀る滋賀県の近江神宮・東経135度線のある兵庫県明石市などさまざまなイベントが行なわれているので行ってみてもよいでしょう。

時の記念日にはどんな意味があるのか

その由来を知ると時の記念日とはどういった意味を持つのか分かるでしょう。親子で各地で行なわれる行事に参加するのであればぜひ、子供たちに時間を守ることの大切さ・時間を大切にすることを伝えるようにしましょう。幼稚園や小学校においてもお友達との約束にしても時間を守ることは大切です。それに、子供の頃は時間の有限性を感じることは少ないでしょうが、やはり小さな頃から大切に時間を過ごす意識を持つことは十分に意味のあることです。「時は金なり」という言葉も、あります。そういった気持ちを改めて持つためにも、時の記念日とは意味のある記念日なのです。時とは、誰にでも平等に与えられるものでもあります。

時の記念日の由来を知って過ごそう

6月10日は、祝日でもなんでもない日です。ただ、その日が時の記念日となった由来を知り、意味を考えることは大事です。たとえ何らかのイベントに参加しないとしても、意味を考えながら過ごせば充実した一日となるはずです。記念日の中にはゴロあわせで日にちが決められているものもありますが、時の記念日に関しては大きな意味を持つ日です。何百年も前のこの日、日本の時は水時計によって刻まれ始めたのです。日本人が時というものを意識し始めた第1歩の日という記念の日なのです。大切な時計をメンテナンスして、もう一度時を正確に刻めるように直してやるのもおすすめの過ごし方かもしれません。親子で覚えておくべき記念日です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう