日本各地で行われる時の記念日のイベント - 時の記念日 6/10 -

毎年、6月10日は時の記念日です。毎年、この日になると、日本の各地で時の記念日に関連し、時間の大切さを再認識するため、それぞれに趣向を凝らしたイベントが行われています。

-AD-

時の記念日が制定された理由

6月10日に制定された時の記念日は、天智天皇の時代に、日本で初めて時計の鐘を打った日が由来となりました。それまで、職場への遅刻や電車などの交通機関の遅延なども当たり前であった日本国民の現状に、欧米にならった時間厳守の大切さや合理化を進め、国家の発展に寄与するための啓発の意味合いを込めて、生活改善同盟会と東京天文台が記念日として制定しました。日本人が、諸外国の方と比較しても、世界一と言われるほど、時間に対して正確で、厳しい感覚を持っているのも、時の記念日を制定したことによる影響が少なからずあると言えます。毎年、時の記念日には、日本の時計業界を始めとする業界団体などもイベントを行っています。

大津市で行われるイベント

時の記念日に行われるイベントとして、最も有名なのが、滋賀県大津市にある近江神宮で行われる漏刻祭です。
漏刻祭の漏刻とは、複雑に組まれた4つの桶に流れる水の流れや、下の桶に溜まった水の量から時間をはかることが出来る水時計のことで、日本で初めて鐘を打った際に用いられたのが水時計と言われています。近江神宮では、日本において、歴史上初めて、時計を設置した人物として知られる天智天皇が祭神として祀られていることから、6月10日に毎年行われる漏刻祭では、舞楽などの神事が催され、それらの神事を終えた後、時計業界の有名時計メーカーなどから時計を奉納されるなど、日本全国においても、非常に珍しい神事が執り行われています。

時のウィークに行われるイベント

日本の標準子午線が通る兵庫県明石市においては、1964年に第1回子午線まつりを開催して以来、時の記念日である6月10日を含んだ一週間を時のウィークと称して、市内各地でイベントを行っています。中でも、明石公園にて開かれるイベントでは、明石藩士の子孫の方が開催する武者行列や、火縄銃の鉄砲隊による演武、フリーマーケットなどに人気があります。また、明石市立天文科学館においては、時の記念日当日には入館料が無料になるイベントや、明石駅周辺でも飲食店によるイベントなどが開催されており、時のウィークは、入場料がかからないこともあり、毎年多くの観光客が訪れ、明石市でも随一の大々的なイベントの一つとなっています。

掛川市の一風変わった儀式

静岡県掛川市においても、時の記念日に関するイベントは行われています。
時は安政2年、当時の掛川藩の藩主、太田氏が、正午を知らせるための太鼓を作成し、太鼓の音で正午時刻を住民に知らせていた慣習がありました。その慣習が、明治時代中頃まで続いていたことを次世代に伝え、時間の重要さを改めて認識してもらうために1957年より、掛川時計商組合が主催してきたのが時の記念日太鼓打ち鳴らし式です。掛川時計商組合が2004年に解散したことを受け、現在では、掛川観光協会が後継として、このイベントを主催しています。
時の記念日当日には、掛川城の御殿において、正午時間に合わせて太鼓を鳴らす儀式が執り行われ、地元の幼稚園児なども参加するなど、市民に幅広く定着したイベントとしても知られています。

日本における時間への認識

武士社会において、遅刻は恥という認識があるほど、本来は、時間に厳しい概念があったはずの日本人ですが、明治時代初期頃の日本においては、現代では考えられないほど、電車の遅延も多く、そのために遅刻を余儀なくされる労働者も沢山いました。
時の記念日が制定され、国民に啓発されたことや、昭和初期になり、政府が導入した欧米式の科学的管理法によって、時間への意識が今までより厳格なものとなり、現代の日本に通じる、定刻厳守の意識が定着したものと思われます。時の記念日が当時の日本国民に及ぼした影響は大きく、海外における、日本人の勤勉で従順、礼儀正しいと言われる国民性の所以にもなっています。様々な歴史背景があった中で、時間への意識を見つめ直す機会として、全国各地で行われる時の記念日のイベントに、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう