暑中見舞いを出すタイミングと文面のマナー - 暑中見舞い 2018年7月7日~8月7日 -

暑中見舞いを出すタイミングと文面マナーについて解説。暑中見舞いを送る時に大切なポイントなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

そもそも「暑中」とは?

暑中見舞いは年賀状と並んで季節の便りとして定着しています。6月になると、郵便局で暑中見舞いはがきの販売が始まり、早くから買い求める人もいるでしょう。一年の半分が過ぎたころ、相手の安否を気遣うとともに自分の近況報告をするのにもってこいの暑中見舞いですが、出すタイミングに迷うものです。

そもそも「暑中」とは何でしょうか。広辞苑では、(1)夏の暑い時期、(2)夏の土用の18日間として定義されています。これは日付で言えば7月20日ごろから8月7日ごろまでにあたります。この期間に出すのが暑中見舞いです。8月7日ごろは立秋にあたり、暦の上では秋が始まる次期になります。立秋を過ぎてから8月中に出す場合は残暑見舞いになります。

このように、暑中見舞いを出すタイミングは暦からわかるのです。

暑中見舞いには何を書けばいいか?

暑中見舞いの文面には、年賀状と同様にある程度決まった形式があります。まず、「暑中お見舞い申し上げます」というあいさつで始めます。大きめに書くと見栄えがします。

次に、時候のあいさつを書きます。ここでいう時候とは、相手の住んでいる場所の気候です。梅雨明けの時期や気温には地域差があるので、相手の地域に合わせて言葉を選びます。「厳しい暑さがつづきますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」と相手の健康を尋ねる言葉を添えます。つづいて、こちらの近況を伝えます。暑中見舞いは、あくまで相手を気遣う便りなので、近況報告は簡潔に済ませます。最後にもう一度、相手の健康を願う言葉で結びます。「まだまだ暑さは続きますので、くれぐれもご自愛ください」という表現がよく使われます。日付には「平成~年、盛夏」と書くのが慣習になっています。

暑中見舞いを送るときに大切なこと

タイミングと文面について説明しましたが、どちらも相手を気遣うことが最も大切です。相手の住む地域が梅雨明けする前に出したり、自分の近況だけを長々と書くのはマナー違反です。また、自分が出すより先に相手から便りを受け取ったら、速やかにお礼を書きます。くれぐれも、残暑見舞いの時期を過ぎないようにしましょう。

暑中見舞いは、相手の健康と今後の交流を願い、感謝を伝えるのにとてもいい機会です。最近ではパソコンソフトを使って、レイアウトにこだわったポストカードを作ることもできます。ビジネス用であれば、ビジネスパートナーや顧客に送ると企業の印象が上がるでしょう。いつも顔を合わせている人や疎遠になってしまった人、お世話になっている人に、感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう